【ホワイトボード処分方法5選】分解は必要?失敗しない捨て方を解説

ホワイトボードに文字を書いている

「ホワイトボードを捨てたいけど、どうやって処分するの?」
「ホワイトボードは大型でも100均でも同じ捨て方なの?」
「ホワイトボードは分解して処分しなきゃいけない?」 

このような疑問をお持ちの方に向けて、この記事ではホワイトボードの処分方法について詳しく解説しています。

ホワイトボードは大型のものから100均で買えるような小型のものまで、さまざまな大きさや種類があります。

それぞれに合った処分方法やメリット・デメリットも紹介するので、実際に処分する際の参考にしてください。

ホワイトボードの処分について正しい知識が身につき、スムーズに処分することができるようになるので、ぜひ最後までお読みください。

この記事でわかること

  • ホワイトボードの処分方法
  • 処分方法それぞれのメリット・デメリット
  • ホワイトボードを売る場合の価格相場

ホワイトボードの処分方法5選!メリットとデメリットを比較

ホワイトボードの素材が何なのかわからない方も多いです。

ホワイトボードの白い板の部分は、主に比較的重くて高価なホーロー製と軽くて安価なスチール製の2種類あります。

ホワイトボードの周りの部分にはアルミニウムプラスチックが使用されていることが多いです。

詳しくは製造元の情報や製品の説明書などを確認することで、どちらの素材で作られているかを確認することができます。

見た目だけでは区別することが難しいかもしれませんが、ほとんどのホワイトボードは白い板の部分が面積的に大きいので、処分する際は主に金属ゴミとして扱われることが多いです。

会社や店舗などで使用していた場合は「事業系ゴミ」になるので、家庭ごみと同じ処分方法では捨てることはできないため、ご注意ください。

家庭用のホワイトボードを処分する方法として、大きく「ゴミとして捨てる」「」「リサイクルする」にわけられます。具体的には次の5つです。

  1. 粗大ゴミとして処分する
  2. 不燃ゴミとして処分する
  3. お店やネットを利用してリサイクルショップに持ち込む
  4. フリマアプリに出品する
  5. 不用品回収業者に依頼する

それぞれ具体的な方法やメリット・デメリット、注意すべき点を含めて解説するので、ぜひあなたに合った処分方法を決める材料にしてください。

粗大ゴミとして処分する

ホワイトボードを処分する方法のひとつは、自治体の粗大ゴミとして処分することです。

粗大ゴミの区別や手続きの方法は自治体によって異なりますが、多くの自治体では「一番長い辺が30cm以上」であれば粗大ゴミとしてされることが多いです。

「実家ではこうやってたから」などで判断せずに、お住まいの自治体のホームページや電話で確認をしましょう。

粗大ゴミとして処分するメリット・デメリット

メリット・自治体が回収してくれるので、処分場まで運ぶ必要がない
・費用も安い場合が多い
デメリット・回収日が決まっているので、都合が合わない場合がある
・指定された場所までは運ばないといけない
・申し込みや手続きが面倒な場合もある
・ホワイトボードを分解しないと粗大ゴミとして出せない場合がある
・分解すると不燃ゴミや可燃ゴミになる部分も出るので、分別が必要になる

粗大ゴミの処分は次の流れで行うことが多いです。

粗大ゴミを処分する際の流れ

  1. 電話やインターネットを通じて粗大ゴミの回収申し込み(予約)
  2. 粗大ゴミのシールを貼る
  3. 回収時間までに指定した場所に持って行く

例えば東京都江東区では、粗大ゴミ受付センターにインターネットやLINEミニアプリ、電話から申し込みが可能です。

粗大ゴミは一辺の長さがおおむね30cm以上のものとされており、ホワイトボード(黒板)の処分料金は400円です。

料金は自治体の窓口やコンビニエンスストアなどで有料粗大ゴミ処理券を購入して支払います。

購入した有料粗大ゴミ処理券はシールになっているので、処分するホワイトボードに貼り、収集日の朝8時までに自宅前や集合住宅の場合は建物の入口付近など、申し込んだ場所に出してください。

処理券には名前(集合住宅は部屋番号まで)もしくは受付番号と、収集予定日を記入し、処理券の台紙は回収が終わるまで大切に保管してください。

分解して処分する場合

ホワイトボードは基本的に分解する必要はありませんが、移動する際に分解する必要がある場合は、工具や手袋などを用意して作業してください。

分解後は多くの場合、金属やプラスチックなどの素材によって不燃ゴミや可燃ゴミに分けられます。

それぞれがバラバラにならないように、ヒモなどでまとめておくと良いでしょう。

また、マーカーやイレイザーと呼ばれる白板消しは、金属製であれば不燃ゴミとして処分することが多いです。自治体によって分別が異なるので確認しておくと安心です。

不燃ゴミとして処分する

100均でも販売されているような小さいホワイトボードを処分する際は、不燃ゴミとして自治体に処分をすることができます。

不燃ゴミの処分方法は自治体によって異なるため、事前にお住まいの自治体のホームページや電話で確認をしましょう。

不燃ごみとして処分するメリット・デメリット

メリット・粗大ゴミより回収日が多い
・事前の手続きが簡単、もしくは不要
・別料金がかからない場合もある
デメリット・一定のサイズや重量に制限されている場合がある
・不燃ゴミでは出せず、粗大ゴミか可燃ゴミとして出す場合がある
・自分で指定された場所に持って行く必要がある

よくある不燃ゴミの出し方は、月1回の決められた収集日時に指定された場所に出します。

横浜市ではホワイトボードは粗大ゴミもしくは燃やすゴミとされているので、処分方法には注意が必要です。

粗大ゴミの長さの基準は一番長い辺(金属製30cm、それ以外のもの50cm)で、ホワイトボードは白い板部分が一番大きいため、金属扱いの30cmになります。

50cm未満は燃やすゴミですが、燃やすゴミの出し方に金属部分が多いものは「小さな金属類」に出すことになっており、ホワイトボードは金属部分が多いので不燃ゴミとなります。

きちんと測って確認し、分別を間違えないように注意が必要です。

画像引用元:横浜市HP

また、分解していればそれぞれの素材やサイズで処分方法が変わります。

自治体によって異なりますが、金属部分は不燃ゴミ、プラスチック製であれば燃やすゴミです。マーカーやイレイザー(白板消し)も金属製なら小さな金属類の不燃ゴミとして出します。

お店やネットを利用してリサイクルショップに持ち込む

ホワイトボードのキズや汚れが少なく付属品もそろっている場合は、リサイクルショップに持ち込んで買い取ってもらうことも可能です。

リサイクルショップに買い取ってもらう方法は次の3つです。

リサイクルショップで買取方法

  1. お店に直接持ち込む
  2. ネットで申し込んで宅配便で送る
  3. 出張買取を依頼する

リサイクルショップで買取してもらうメリット・デメリット

メリット・ホワイトボードを処分するだけでなく、現金化できる
・自分で運ぶ必要がない場合もある。
デメリット・買い取ってもらえるかどうかはリサイクルショップの判断による
・買取価格は安い場合が多い
・出張買取や宅配便の場合は手数料がかかる場合がある

ハードオフではホワイトボードの買い取りは大きさや状態によって買取価格が異なり、10円から1,000円程度が相場といわれています。

また、リサイクルショップによっては出張買取や宅配便で買取も行なっていますが、送料や手数料が有料の場合もあるので確認してから利用しましょう。

買取の査定価格を上げるために、ホワイトボードをリサイクルショップに持ち込む前にきれいに拭いたり、シールやステッカーが貼ってある場合は剥がしておくと良いでしょう。

新品でないマーカー類などは一緒に買い取ってもらえない場合が多いので、不燃ゴミとして出しましょう。

フリマアプリに出品する

ホワイトボードがまだ使える状態であれば、フリマアプリに出品して売ることもできるでしょう。

フリマアプリはスマートフォンやパソコンで利用でき、自分で値段を設定して出品することができます。メルカリや楽天ラクマなどが有名です。

フリマアプリに出品するメリット・デメリット

メリット・ホワイトボードを処分するだけでなく、現金化できる
・自分で値段や条件を決められる
・出品するとすぐに売れる可能性がある
デメリット・売れるかどうかは需要や競合による
・値段を安く設定しないと売れない場合がある
・購入者とのやりとりや発送の手間がかかる
・手数料や送料がかかる場合がある

メルカリでは、ホワイトボードは家具・インテリアとして出品できます。

値段は自分で決められますが、1,000円以下から3,000円程度が相場です。手数料は販売価格の10%、売上金の振込手数料で200円、お急ぎ便で400円かかります。

売れたら自分で梱包をして、郵便局などでメルカリから送料込みの着払いラベルを受け取って発送するといった流れです。有料で発送代行をお願いできるサービスもあります。

フリマアプリで売れやすくするためには

売れやすくするためには、写真うつりが重要です。

フリマアプリに出品する前に、ホワイトボードにある汚れを落としたり、シール等を剥がしてきれいな状態にしておくと良いでしょう。

また、ホワイトボードは分解をせずに出品した方が売れやすいです。

ただし、大きさなどの理由から分解しないと発送しにくい場合は、出品時の説明にその旨を正確に記載し、交渉時にも確認しておかないとトラブルになるので注意してください。

ほかにも、地元で不用品を譲り合えるジモティーなどのアプリで出品する方法もあります。

希望者がいればキズや汚れなどがあっても売ることが可能なだけでなく、売れない場合は無料で譲ることもできるので、引き渡しの手間はあるものの問題なく処分できます。

不用品回収業者に依頼する

ドライバーの男性

「結局どうしていいかわからない」
「処分に時間や手間をかけたくない」
「ホワイトボード以外にも処分したいものが多い」

このような方は、不用品回収業者に処分を依頼するのがおすすめです。

不用品回収業者は自宅まで来てホワイトボードやその他の不用品もまとめて引き取ることが可能です。

不用品回収業者を利用するメリット・デメリット

メリット・自分で運ぶ必要がない
・手間が少ない
・処分方法や分別方法を考える必要がない
・買い取ってもらえる場合もある
・分解しなくても引き取ってもらえる場合が多い
・ほかにも処分したいものが多い場合、お得になることがある
デメリット・費用がかかる場合が多い
・費用はサイズや種類や個数によって異なる
・信頼できる業者を選ぶ必要がある
・不法投棄をするなどの悪徳業者もいる

ホワイトボードの回収にかかる費用はサイズや個数、業者によっても異なりますが、多くの業者が見積りを無料で出しているので、不用品回収業者に依頼する場合は事前に見積もりをもらいましょう。

ホワイトボードと合わせてマーカーやイレイザー(白板消し)も一緒に引き取ってもらえるので手間がかかりません。

もし引っ越しなどで、処分予定のものが軽トラック1台くらいの量がある場合は「定額の載せ放題プラン」を利用するとお得になります。

状態がよく買い取り可能な場合は、買取として料金から差し引かれるような業者もいるので、さらにお得に回収依頼が可能になります。

まとめ

ホワイトボードの一番面積が大きい白い板部分は、ホーロー製かスチール製の金属でできているため、多くの地域で金属ゴミとして処分されることが多いです。

ホワイトボードの処分方法は次の5つです。

  1. 粗大ゴミとして処分する
  2. 不燃ゴミとして処分する
  3. お店やネットを利用してリサイクルショップに持ち込む
  4. フリマアプリに出品する
  5. 不用品回収業者に依頼する

ホワイトボードの大きさによって捨て方も変わりますが、手間や時間をかけたくない方や、ホワイトボード以外にも処分予定のものが多い場合は、不用品回収業者を利用するのがおすすめです。

不用品回収業者をお探しの方はぜひ「不用品回収モール」をご利用ください!

不用品回収モールには、当サイトのコンセプト(ぼったくりなどの被害を防ぎたい)に賛同いただいている企業様を掲載しております。

ぜひ当サイトに掲載されている企業/回収業者様を一度ご検討いただき、もし何かご不満などがございましたら、当サイトへ口コミをお寄せください。

不用品回収業者ピックアップ

エコホワイト

古物商許可番号:第49133A000070号

エコホワイト

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

エコホワイトでは、不用品回収や粗大ごみの片付けを、定額パックプランで即日対応しております!基本料金、出張費、お見積りなどの費用はすべて含まれており、追加の費用は一切ありません。お客様の状況に合わせて最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお電話いただければ幸いです!

エコクリーンラボ

古物商許可番号:第49133A000070号

エコクリーンラボ

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.神奈川県大和市.

紹介文

エコクリーンラボでは、他社では別途料金になってしまう、搬出作業費、スタッフ追加料金、車両費、出張費、梱包作業費、清掃作業費用が全てコミコミになっています!お見積もり後の追加料金も一切ございません。ご状況にあった最適なプランをご提案させていただきます!

ラクエコ

古物商許可番号:第49133A000070号

ラクエコ

対応エリア

静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

不用品回収、粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷片付け、遺品整理など、幅広いサービスを業界最安値(4,800円~)で提供しております。定額乗せ放題プランで、即日対応も可能です。出張費、基本料金、お見積もり0円

おすすめ記事