釣竿の処分方法を徹底解説!売却手段や付属品の捨て方もまるわかり

釣り竿アイキャッチ画像

アクティビティの中でも根強い人気の釣りですが、生活拠点が変わったり釣り具が壊れてからめっきり行かなくなったという方もいるのではないでしょうか。

そんな方の中には「いつか使うだろう」と自宅に眠らせていたり、壊れた釣竿を処分しようと思っても捨て方が分からずに、なかなか処分できていない方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では分かりにくい釣竿や釣り具の処分方法を分かりやすく解説していきます。

釣竿の分別区分や処分費用、売却する方法などもまとめましたので、処分する際に本記事を参考にしながら処分方法を選んでください。

この記事でわかること

  • 釣り竿の分別区分
  • 自治体別の処分方法
  • 釣り竿の売却方法
  • 釣り竿を譲る・寄付する方法
  • リールの分別区分
  • ケースの分別区分
  • 釣具まとめて処分する方法

【注意点】釣竿の素材で分別区分が変わる

釣竿を分別時の注意点

釣竿は釣り場や釣り方によって適した竿があり、その種類はとても多く素材も様々です。

釣竿で使われる主な素材

  • グラスファイバー
  • FRP
  • カーボン
  • 樹脂

例えば、市販されている多くの釣竿では強度・剛性が高いカーボン素材が用いられていますが、グラスファイバーが使われている竿はシーバスなどで上級者が好んで使っているようです。

こうした釣竿を自治体のゴミとしてまとめて処分する場合、素材によって分別区分が異なる地域もあるので、1つずつ分別しなければならない可能性があるでしょう。

釣竿の分別区分は「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」に分けられることが多く、自治体によって処分ルールが大きく異なります。

ある県ではカーボン製の釣竿が「燃やせないゴミ」になるのに対して、別の県では「燃やせるゴミ」として処分できることもあるのです。

そのため自治体のゴミとして処分する場合は、使っていない釣竿の素材の確認を忘れないようにしてください。

【釣竿】釣竿を自治体のルールに沿って処分する方法

釣竿の自治体別処分方法

川や海、渓流など、釣る魚によって道具を変える必要があり、メーカーやタイプで特徴が異なるため、長年釣りをしている人ほど釣具は増えていくものです。

特に初心者の頃に買った釣竿が玄関やクローゼットに何本も置いてあることも珍しくありません。

釣竿は自治体のルールに沿って処分できますが、地域によって処分ルールが違うこともあるので、一部地域の分別区分を表にまとめました。

これから釣竿を処分する際の参考程度に確認してみてください。

地域名分別区分備考
北海道札幌市・カーボン・グラスファイバー製は「燃やせないゴミ」
・竹・木製は「燃やせるゴミ」
指定袋に入らないものは「大型ゴミ」(費用は粗大ゴミ受付センターで確認)
宮城県仙台市粗大ゴミ5本まで400円
東京都練馬区可燃ゴミ50㎝以上の場合は「粗大ゴミ」(1本から10本まで400円)
千葉県千葉市・竹製は「可燃ゴミ」または「粗大ゴミ」
・竹製以外は「不燃ゴミ」または「粗大ゴミ」
指定袋に入れてはみ出してしまうものは「粗大ゴミ」(費用は粗大ゴミ受付センターで確認)
神奈川県横浜市粗大ゴミ(50㎝未満のものは燃やすゴミ)粗大ゴミ費用は15本までを1組200円
愛知県名古屋市粗大ゴミ10本までを1組で250円
兵庫県神戸市燃えないゴミ指定袋に入らないものは「大型ゴミ」(費用は粗大ゴミ受付センターで確認)
大阪府大阪市普通ゴミ(径が30㎝を超えるものあるいは棒状で1mを超えるものは「粗大ゴミ」)・幅・奥行・高さの合計が1.5m未満のものは200円
・1.5m以上2m未満のものは400円
・2m以上2.5m未満のものは700円
・2.5m以上のものは1,000円
広島県広島市・竹製のものは50㎝程度に切って紐で束ねるか、丈夫なポリ袋に入れて「可燃ゴミ」
・竹製以外は50㎝程度に切って紐で束ねるか、丈夫なポリ袋に入れて「不燃ゴミ」
・長さが1m以上のものは「大型ゴミ」
・棒状のもの(複数ある場合は、ひもなどで束ねたものの最大の外周が1m以下)は250円
・1m以上1.5m未満のものは500円
・1.5m以上2m未満のものは750円
・2m以上3m未満のものは1,000円
・3m以上のものは1,250円
岡山県岡山市可燃ゴミ特になし
福岡県福岡市・グラスファイバー製・FRP製は「燃えないゴミ」
・竹・カーボン・樹脂製は「燃えるゴミ」
特になし
※内容は変更になることがあります。

釣竿に使用されている素材によって分別区分が変わる地域では、「可燃ゴミ」や「不燃ゴミ」になることが一般的です。

釣竿の種類で分別区分を分けていない地域もあり、素材に関係なくすべて「可燃ゴミ」として扱われたり、逆に「不燃ゴミ」になったりする場合もあります。

また、多くの地域では一定サイズ以上の釣竿は「粗大ゴミ」に分別され、処分費用としてサイズ別に200円から1,000円程度が必要です。

釣竿を「粗大ゴミ」として処分している地域では1組数本単位で処分費用が決められているので、一度にまとめて処分することもできます。

釣竿の分別区分は自治体によってルールが大きく異なることがあるので、ホームページで分別区分を確認するようにしてください。

解体すれば一般ゴミとして処分できる地域もある

釣竿の分別区分が「一般ゴミ」に指定されている地域であっても、数十㎝以上の釣竿は「粗大ゴミ」になると決まっている場合があります。

こうした地域では釣竿を自分でカットするだけで「一般ゴミ」として処分できるため、処分費用を抑えることができるでしょう。

準備するものはノコギリや袋、ヒモなど100均で購入できるようなものだけです。

ただカットする長さは地域で異なり、広島市では50㎝程度、千葉市では指定袋に入りはみ出さない長さと決まっています。

既定の長さにカットした後は、釣竿の素材ごとに「燃えるゴミ」や「燃えないゴミ」に分別が必要な地域もあるので注意してください。

釣竿の売却手段は主に2通り

釣竿を売却する

釣竿は毎年モデルチェンジが行われたり新製品が販売されるため、なるべく早く手放すことで高額で売却できます。

傷んでいない釣竿を買い替える方も少なくないため、人気メーカー製で状態が良いものであれば、処分する以外に2通りの方法で売却できる可能性があります。

  1. 釣具買取専門のリサイクルショップに持ち込む
  2. フリマサイトやオークションサイトに出品する

中古の釣竿をなるべく高く売却したい場合、釣具買取専門のリサイクルショップを利用しましょう。

また、リサイクルショップで提示された金額に納得いかない場合や買取対象外となったものは、フリマサイトで売却できる可能性もあります。

単純に最寄りのリサイクルショップで売却するよりも、さまざまな方法を試して納得のいく金額で売却してください。

釣具買取専門のリサイクルショップに持ち込む

釣具買取専門のリサイクルショップの中には、年間を通して数万点以上の釣竿を取り扱っている店舗もあります。

専門のバイヤーが目利きをしていることが多いため、適正価格で売却できる可能性が高いでしょう。

古い釣竿の中にも人気モデルがあり、こうした名竿を高値で買い取ってもらえる可能性があります。

新しい製品が出る度に買い替えている方や釣りをしなくなった方に向いている売却方法です。

売却できるメーカー

  • シマノ
  • ダイワ
  • がまかつ
  • タカミヤ
  • プロマリン
  • プロックス
  • ハラ
  • イークスワン
  • バークレイなど

こういったメーカーの釣竿であれば、幅広いモデルの買取をしている店舗も多いため、古くても状態が良い釣竿を持っている方は査定に出してみてください。

最寄りにリサイクルショップがない方は、「出張買取」や「宅配買取」をしている店舗に依頼しましょう。

どちらの買取方法でも、電話やメールなどで無料査定ができ、納得がいけばそのままダンボールに詰めて送ったり、出張訪問で買い取ってもらうことができます。

査定料や送料もかからないことが多いので、複数の店舗で無料査定をしてもらった後、売却先を決めると良いでしょう。

釣竿を清掃した後、付属品や箱も忘れずに売却しましょう。

ただ、人気メーカーの釣竿であっても壊れている場合は買取対象外になることがほとんどなので注意しましょう。

フリマサイト・オークションサイトに出品する

釣具買取専門のリサイクルショップではノンブランド品を取り扱っていませんが、フリマサイトであれば売却できる可能性があります。

実際にフリマサイトには多くの釣竿が出品されており、メーカー製のものやノンブランド品などさまざまです。

取引が成立している釣竿の価格は1,000円から10,000円程度で、新品に近い商品が人気を集めています。

また、中古でもガイドを修理したものや多少の傷があるものも含まれています。

一方オークションサイトで取引が成立している釣竿は、人気メーカーの旧モデルで名竿と呼ばれるものやまとめ売りをしているものです。

タイミングが良ければ釣具買取専門店での買取相場よりも高く売れる可能性があるので、名竿をお持ちの方や複数まとめて出品できる方はオークションサイトへの出品を検討してみてください

釣竿を出品する際に気をつけること

  • 写真は細かく7枚以上に分ける
  • メーカー・長さなど仕様も明確に記載する
  • 何釣り用のロッドなのか記載する
  • 使用感を偽りなく記載する
  • 手放す理由も添える

落札された釣竿を送る場合、ロッドケースがあるかないかで梱包方法が変わります。

ロッドケースがあれば緩衝材や梱包材だけで済みますが、ロッドケースがない場合は、釣竿が折れるのを防ぐためのプラスチックケース等が必要です。

釣具屋さんでは余っているロッドケースをもらえる場合もあるので、困っている方は相談しましょう。

また、フリマサイトでは送料込みの出品価格になっていることが一般的です。

釣竿を分割してロッドケースに収めた場合、60サイズ程度で送れるため、送料は800円程度になります。

出品価格が1,000円以下になってしまうと手元にほとんど残らないので、価格設定には注意してください。

釣竿は譲る・寄付することも可能

釣竿を譲る・寄付する

壊れていない釣竿はゴミに出す、売却するといった選択肢がありますが、欲しい人に譲ったり、社会支援サービスを通して社会福祉活動を行っている団体に寄付することもできます。

捨てる予定のものが人の役に立つこともあるため、興味のある方は下記2通りの方法を利用を検討してみてください。

  1. 知人に譲る・掲示板サイトに掲載する
  2. 社会福祉活動を支援するNPOやNGOに寄付する

釣竿は中古でも需要が高いため、すぐに欲しい人が見つかる可能性があります。

長物の釣竿はゴミとして処分する場合、粗大ゴミ処理費用がかかりますが、欲しい人が見つかればコストはかかりません。

また、NPOやNGOに寄付することで、積極的に社会福祉活動に貢献することも可能です。

知人に譲る・掲示サイトに掲載する

釣竿が欲しい知人が近くにいない方は、掲示板サイト「ジモティー」で見つけられる可能性があります。

ジモティーは無料広告掲示板サイトで、、お互いの条件があえば無料または有料で自宅にある不用品を譲ったりもらったりできます。

フリマサイトやオークションサイトとは異なり、個人間でのやりとりとなるため利用料や手数料がかかりません。

また、都道府県別版を利用すれば地元の中で釣竿が欲しい人を見つけられるため、送料が必要ないこともメリットの1つです。

実際にジモティーで釣竿を掲載している人も多く、メーカー製やノンブラド品などのものが数百円から数千円ほどで取引されているようです。

ジモティーに掲載する際に気をつけること

  • 商品の仕様を記載する
  • 利用シーンを記載する
  • 使用感を記載する
  • 写真はできるだけ多く載せる
  • 取引可能場所を提示する

ジモティーは無料で利用できるため、商品説明欄を適当に記入しがちですが、なるべく早く欲しい人を見つけたい場合は、商品の仕様や使用感などを丁寧に記載することが大切です。

自宅付近に引き取りに来て欲しい方は、取引場所を複数提示し、欲しい人から連絡があった際は、なるべく早く連絡を返すことを忘れないようにしましょう。

また、ジモティーは利用者同士の取引に一切関与しないとしているため、トラブルがあった場合は自分で解決しなければなりません。

不要なトラブルを回避するためにも、なるべく丁寧な対応を心がけてください。

ただ、釣竿をジモティーに掲載すれば必ず欲しい人が見つかる訳ではないので、時間をかけてもコストを抑えて釣竿を処分したい方に向いているサービスといえそうです。

社会福祉活動を支援するNPOやNGOに寄付する

NPOやNGOが行っている社会支援サービスに使っていない釣竿を寄付することも可能です。

釣竿やその他の不用品の寄付を募っているNPOやNGOは、社会福祉活動を行っている団体を支援しています。

社会福祉活動を行っている団体は、発展途上国の支援活動や国内の被災者のボランティアなどをしており、全国から集まった不用品をリユースした後、国内や海外で販売した売益の一部を寄付する取り組みを行っている場合があります。

こうした活動を行っている団体に、使っていない釣竿を寄付するだけで社会貢献することができるため、普段から「何か人の役に立つことをしてみたい」と考えている方にピッタリのサービスといえるでしょう。

募集している釣竿はノンブランドや多少の傷や汚れがあるものは問題ない場合が多いですが、壊れているものは対象外になるので注意してください。

また、NPOやNGOに寄付する場合、釣竿を送る際の送料は発送者負担となっています。

寄付できる団体は複数ありますが、寄付の実績をサイトで公開している団体もあるので、寄付した後の内容が気になる方は、経過を見ることができるNPOやNGOを探してみてください。

【リール】リールの処分は自治体によってルールが異なる

釣竿のリールは何ゴミ?

釣竿と同様にリールも頻繁に買い替えたくなるアイテムのため、古くなったリールが数多く倉庫に眠っている方もいるでしょう。

リールは金属が使われているので基本的には「不燃ゴミ」として処分します。

自治体によっては分別区分が異なることもあるので、一部地域の処分ルールを表にまとめました。

地域名分別区分
北海道札幌市燃やせないゴミ
東京都練馬区不燃ゴミ
千葉県千葉市不燃ゴミ
神奈川県横浜市小さな金属類(プラスチック製のものは燃やすゴミ)
愛知県名古屋市不燃ゴミ
広島県広島市不燃ゴミ(丈夫なポリ袋に入れて出す)
岡山県岡山市不燃ゴミ
福岡県福岡市燃えないゴミ
※内容は変更になることがあります。

ほとんどの自治体で「不燃ゴミ」になりますが、横浜市では「小さな金属類」に分別され、プラスチックが使用されているリールは「燃やすゴミ」に指定されています。

このように地域によっては「不燃ゴミ」以外になることもあるので、リールを処分する際には自治体のホームページで分別区分を確認してください。

【ケース】釣竿ケースの処分方法について

釣竿のケースは何ゴミ?

メーカーやモデルによって釣竿のケースに使われる素材自体が異なり、プラスチック製や布製、金属製などがあります。

釣竿自体が長い場合、ケースもサイズが大きくなるので、自治体のゴミとして処分する際には注意が必要です。

多くの自治体では釣竿のケース自体を品目で分けていることが少ないため、ケースの素材に使用されているものによって自分で分別しなければなりません。

しかし、横浜市のように釣竿ケースの分別方法を明確に決めている地域もあり、プラスチック製で50㎝未満のものや布製のものは「燃やすゴミ」、金属製で30㎝未満のものは「小さな金属類」と決まっている場合もあります。

その他の地域でも基本的には素材によって「燃えるゴミ」や「燃えないゴミ」に分別し、サイズによっては「粗大ゴミ」として処分することになるでしょう。

粗大ゴミにあたるサイズはほとんどの自治体で「長辺が30㎝以上」や「指定袋に収まらないもの」といった決まりがあります。

釣竿のケースを処分する際も「一般ゴミ」または「粗大ゴミ」になるのかをしっかりと確認してください。

釣竿ケース以外のその他釣具

釣竿ケース以外の釣具の処分も同様、自治体で品目ごとに処分方法を指定されていないことがほとんどです。

釣具に使用されている素材は「燃えないゴミ」になるものが多いですが、地域によっては「金属類」に分けなければならないので注意しましょう。

釣具をまとめて処分するなら不用品回収業者がオススメ

釣竿を不用品回収業者に処分依頼する

釣竿の処分を検討している方の中には、リールやケース、その他の釣具をまとめて処分する方法はないのか探している方もいるのではないでしょうか。

不用品回収業者に依頼すれば釣竿やリールの量に関係なく、まとめて処分することが可能です。

当てはまる方は不用品回収業者がオススメ

  • 引退した人の釣具の処分を任された
  • 実家の倉庫にある釣具を片付けたい
  • 仕事が忙しくて釣具を処分する時間がない
  • 一般ゴミに分別するには量が多すぎる
  • 釣具をまとめて処分したい
  • サイズが大きい釣具を処分したい
  • 釣りで使っていたパラソルなどアウトドア品も一緒に処分したい

不用品回収業者は指定された場所に訪問回収を行っているため、自宅から離れた場所に釣具を保管している場合であっても運搬に困ることがありません。

仕事でなかなか処分できない方にもピッタリのサービスで、都合のいい時間帯を指定して回収依頼を出すことも可能です。

また、釣具とアウトドア用品などをまとめて自治体のゴミに出す場合、1つずつ分別する手間がかかりますが、不用品回収業者に依頼すれば分別作業も必要ありません。

とはいえ、釣竿とリールを1セット処分したいといった、少量の釣具の処分には向いていないので、大量の釣具を処分したい場合や他の不用品もまとめて処分したい時にオススメのサービスです。

不用品回収業者によっては買取やお部屋の片付けなども行っているので、気になる方はぜひ利用してみてください。

まとめ

この記事は釣竿の処分方法について解説しました。釣竿の処分方法をまとめたものが以下になります。

  • 自治体で指定されているサイズ以下の釣竿は「一般ゴミ」
  • 自治体で指定されているサイズ以上の釣竿は「粗大ゴミ」
  • 自分でカットして「一般ゴミ」に出すことも可能
  • メーカー製で状態の良いものは売却できる可能性がある
  • 知人に譲る・掲示板で欲しい人を探すこともできる
  • NPOやNGOに寄付できる
  • まとめて釣具を処分するなら不用品回収業者に依頼

処分したい釣竿が数本の場合は自治体のゴミとして処分することが一般的で、自宅の倉庫にある大量の釣竿や釣具、アウトドア用品を処分する場合は、買取もしている不用品回収業者に依頼している方が多いようです。

不用品回収業者の数は多いため、どの業者を選んで良いかわからない方は、ぜひ「不用品回収モール」をご利用ください!

不用品回収モールには、当サイトのコンセプト(ぼったくりなどの被害を防ぎたい)に賛同いただいている企業様を掲載しております。

ぜひ当サイトに掲載されている企業/回収業者様を一度ご検討いただき、もし何かご不満などがございましたら、当サイトへ口コミをお寄せください。

不用品回収業者ピックアップ

エコホワイト

古物商許可番号:第49133A000070号

エコホワイト

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

エコホワイトでは、不用品回収や粗大ごみの片付けを、定額パックプランで即日対応しております!基本料金、出張費、お見積りなどの費用はすべて含まれており、追加の費用は一切ありません。お客様の状況に合わせて最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお電話いただければ幸いです!

エコクリーンラボ

古物商許可番号:第49133A000070号

エコクリーンラボ

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.神奈川県大和市.

紹介文

エコクリーンラボでは、他社では別途料金になってしまう、搬出作業費、スタッフ追加料金、車両費、出張費、梱包作業費、清掃作業費用が全てコミコミになっています!お見積もり後の追加料金も一切ございません。ご状況にあった最適なプランをご提案させていただきます!

ラクエコ

古物商許可番号:第49133A000070号

ラクエコ

対応エリア

静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

不用品回収、粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷片付け、遺品整理など、幅広いサービスを業界最安値(4,800円~)で提供しております。定額乗せ放題プランで、即日対応も可能です。出張費、基本料金、お見積もり0円

おすすめ記事