トロフィーは素材で処分方法が違う!捨てる以外の方法とは

トロフィー・賞状

自宅に古いトロフィーがたくさんあって困っているという方は少なくないはずです。古くて処分したいと思っていても、方法がわからなかったり、捨てにくいと感じている方も多いのではないでしょうか。

なぜトロフィーやメダルが捨てにくいのか理由を理解して、きちんと対処すれば捨てやすくなるだけでなく、気持ちも軽くなるはずです。

この記事でわかること

  • トロフィーの意味と風水的な見方
  • トロフィーを処分する前にしておくこと
  • トロフィーやメダルの素材について
  • トロフィー、メダル、賞状それぞれの捨て方
  • トロフィーは分解して捨てるべき?
  • トロフィーやメダルを売却処分する方法

本記事ではトロフィーやメダルの捨て方だけではなく、処分した後も気持ちが軽くなる方法について解説していきます。

トロフィーの意味と捨てにくい理由

トロフィーを捨てる前に知っておくこと

普段何気なく使っているトロフィーという言葉の意味は「戦利品」です。そこからスポーツ大会などで授与される優勝カップや盾、メダルなどの総称として使われるようになりました。

現在ではトロフィーは本体が柱の形状になっているタワー型の置物を指すことが多いです。野球やゴルフなど、見ただけでどの競技の成績を表彰しているのかがわかるようにデザインされたものもあります。大きさもさまざまで、20cm以下のものから大きなものは1mを越える場合があります。

トロフィーやメダルは言葉の意味通り、何かに真剣に取り組んだ結果として手に入れたものです。そのため、捨てにくいと感じる方がいても不思議ではありません。

特に自分のではなく、子どもや親のトロフィーを捨てるのは、成果の証を捨てるようで申し訳ないと感じてしまうのかもしれません。

風水ではトロフィーを捨てなくて良い?

もしトロフィーやメダルがすべて自分のものなら、風水的な意味からは無理に処分する必要はありません。

風水では気を澱ませないことを重んじているため、過去に囚われていつまでも古いものや壊れたものを持っているのは良くないと考えます。しかし、トロフィーやメダルは過去の成功体験を思い出させてくれるため、ネガティブな気持ちに支配されているときでも、トロフィーやメダルを見ることで自信を回復できる場合があり、無理に処分する必要はないと考えられています。

ただ、以下のような場合は話が別なので処分を検討した方がよいでしょう。

  • トロフィーやメダルが亡くなった方のものである
  • あまりにもトロフィーやメダルの数が多い
  • これからもトロフィーやメダルが増える可能性がある

トロフィーは自宅の中で場所を取るだけでなく、地震などの際に倒れて危険な場合もあるので、少し処分することを考えるべきかもしれません。

数が多いトロフィーの処分前にするべきこと

子どもが参加する運動会・スポーツ大会だけでなく、大人も野球大会やゴルフコンペに参加するとトロフィーを手にする機会があります。また、最近では会社内で営業成績や勤続年数を表彰するためにトロフィーが使われる場合もあり、トロフィーをもらう機会が多い人は持っている数も増えてしまいます。

トロフィーを処分する上では、過去の功績やトロフィーにこだわらず、未来のことを考えると処分に前向きになれるかもしれません。

それでトロフィーやメダルを処分することに抵抗感があるときは、以下のように別の形で残す方法を考えてみましょう。

1.思い入れの深いトロフィーを厳選する

数を減らそうと考えるのではなく、自分にとってかけがえのないものを選びましょう。厳選したトロフィーを見る度に幸せな記憶が蘇るはずです。

2.トロフィーの写真を撮影する

写真に残しておけば、見るたびにトロフィーを手に入れたときの状況を思い出すことができ、保存するための場所も取りません。

3.ネームプレートを飾る

大体のトロフィーにはネームプレートがついており、自分の名前が刻まれています。ネームプレートを飾れば、自分がトロフィーを手に入れた証になります。

トロフィー・メダルの素材について

トロフィーやメダルの素材の種類

トロフィーやメダルには金属以外にもさまざまな素材が使われています。金属には以下のような種類があります。

金属名特徴
含有量が製品によって大きく異なり、コストも変わってくる/酸やアルカリに対して耐久性がある
錆びにくく金よりも安価なため、昭和40年頃まではよく使われていた
ブロンズ青銅ともいう/銅とスズの合金で銅メダルにも使われる
真鍮銅と亜鉛の合金で亜鉛の割合が一定以上のもの
アンチモニーアンチモンと鉛・スズの合金/柔軟性が高く加工しやすい
亜鉛ダイキャスト亜鉛を溶かして型に入れて作った鋳物のこと/大量生産が可能
アルミ鋳造他の金属よりも低い温度で溶けるため、製造コストが抑えられる

金属ではないものには以下のような種類があります。

材質名特徴
光学ガラス一般的なガラスに比べて不純物がほとんど含まれていない/透明度が非常に高い特徴がある
クリスタル酸化鉛を添加して光の屈折率を変えたガラス/酸化鉛の量が増えると透明度が上がり水晶のような輝きを放つ
大理石石灰岩ともいわれる/炭酸カルシウムが多く含まれる岩石
アクリルプラスチック素材だが衝撃に強く、ガラスを上回る透明感を持つ
樹脂プラスチック素材/デザインが豊富で安価
ポリレジン陶器に近い肌触りが特徴のプラスチック素材

トロフィー・メダルの捨て方

トロフィー、メダル、賞状それぞれの処分方法

トロフィー・メダルは、素材・大きさによって捨て方が違います。30cm以上、または50cm以上のトロフィーは粗大ゴミになる可能性があるため、捨てる前には自治体に確認を取りましょう。

通常のゴミとして捨てる場合は材質によって何ゴミになるかが違う場合があります。以下のような可能性があるため、やはり自治体のホームページなどで捨て方を確認しておきましょう。

  • 金属として回収される
  • 不燃ゴミになる
  • 可燃ゴミになる

トロフィーは分解するべきか

1つのトロフィーでも台座と本体で素材が異なる場合があります。自分で分解・分別をしてゴミに出すべきか気になる方もいるのではないでしょうか。

一般的なタワー型のトロフィーは簡単に分解できます。タワー型のトロフィーの内部には1本のシャフトといわれる棒が通っており、それが最上部の飾りから台座までをつなげている状態です。トロフィーの台座の下にあるネジを外すと各パーツがバラバラになります。

これで自治体の規則に従って分別でき、そのままでは粗大ゴミになる大きさのトロフィーも通常のゴミとして捨てられるかもしれません。

ただし、古いトロフィーの場合は組み立てのときに締めたネジが固くなっていることがあります。無理をして分解することでケガの原因になる恐れがあるため注意が必要です。

自治体のホームページでも、トロフィーを分解して分別するように指示しているわけではありません。簡単に分解できないものについては、決して無理をしないでください。

通常のゴミとして捨てる

トロフィーやメダルを通常のゴミとして処分する自治体の例

自治体名トロフィーやメダルの素材捨て方
江東区30cm未満のもの燃やさないゴミ
品川区金属製、金属製以外のもの陶器・ガラス・金属ゴミ可燃ゴミ
横浜市ガラス製金属製30cm未満、ガラス・金属以外不燃ゴミ小さな金属可燃ゴミ
相模原市金属製50cm未満、金属製以外金物類一般ごみ
さいたま市90cm未満のもの不燃ゴミ

通常のゴミとして捨てる場合、横浜市のように素材で捨て方を分けている自治体と、さいたま市のように材質にかかわらず不燃ゴミになる自治体があるため、注意が必要です。

ガラス製のトロフィーが割れてしまった場合は、収集する作業員がケガする恐れがあるので、割れたトロフィーを新聞紙に包み、「割れ物 危険」などと明記して集積場に出してください。

粗大ゴミとして捨てる

トロフィーを粗大ゴミとして処分する自治体の例

自治体名料金収集の条件
江東区400円30cm以上のもの
品川区300円30cm以上のもの
横浜市200円金属製30cm以上・ガラス金属製以外は50cm以上
相模原市400円50cm以上のもの・4点1束
さいたま市550円90cm以上のもの

粗大ゴミは通常のゴミとは違い、下記の手順で自分で収集を予約をします。

  • 電話やインターネットを使って収集日を予約する
  • 収集日当日、指定場所にトロフィーを出しておく
  • 手数料を支払う

自治体の粗大ゴミの収集は混み合っていることが多く、1~2週間待つこともあるため、時間に余裕を持って予約しましょう。また、手数料の支払い方法も自治体によって違うことがあるため、注意が必要です。

最も多い支払い方法はコンビニエンスストアなどで「手数料納付券(名前は各自治体で異なります)」を購入する方法です。これを収集日当日に粗大ゴミに貼って指定場所に出すことで、その場で支払いをせずに収集できます。

粗大ゴミを自分で持ち込む

粗大ゴミを処分するには、収集に来てもらうだけでなく自分で処理施設に持ち込む方法もあります。この方法では事前予約が要らない自治体もあり、自分の都合に合わせたい方に適しています。

また、手数料が節約できるのもメリットです。相模原市では10kgごとに190円と収集に来てもらう場合の半額以下の手数料になります。

ただし、持ち込むのにも事前予約が必要な自治体もあり、受付日時などにも違いがあります。事前に確認をしてから持ち込む方が良いでしょう。

ゲーセンやパチスロなどのメダルの処分方法

メダル

同じメダルという名称でも、ゲーセンやパチスロなどのメダルの場合は処分方法が異なります。これらのメダルが自宅にある方は、勝手に捨てないように注意してください。

ゲーセンやパチスロのメダルはあくまでもその施設からの借り物です。客はメダルのためにお金を出していますが、それはメダルを借りるための代金であって購入したわけではありません。

メダルを店の外に持ち出すと店から窃盗などの罪に問われる恐れもあります。もしメダルを間違えて持って帰ってしまった場合は、借りた施設に返却しましょう。

賞状の処分方法

トロフィーやメダルと違って賞状は紙製品のため資源ゴミ、または可燃ゴミに出すことができます。ただし、賞状には名前がはっきりと記入されているため、捨てるときには注意が必要です。

まずは賞状を額や筒から出し、額縁はそれぞれの自治体の指示通りに捨ててください。筒が紙製の場合は資源ゴミに出せる自治体もあるため、確認してみましょう。

次に名前の部分を油性ペンなどで塗りつぶすか、シュレッダーにかけて個人情報が外から読み取れないようにしてから処分します。

もし、どうしても処分しにくいようなら神社や寺院で行っているお焚き上げで処分してもらうのもお勧めです。

トロフィー・メダルの売却

トロフィーやメダルを売却処分する方法

思い出のトロフィーやメダルを捨てるのは抵抗があるという方も、売却であればゴミにはならないため処分がしやすいはずです。ただし、一般のリサイクルショップでトロフィーやメダルを買い取りしてもらうのは難しいでしょう。

トロフィーやメダルを売却するなら、下記のような方法があります。

  • 貴金属買取の専門店に売却
  • フリマアプリなどを利用して売却

貴金属として売却する

トロフィーで多く買取されているのは主に銀製のものです。真鍮製などその他の金属のもの・着色されているもの・金メッキのものなどは買取の対象になりません。

銀製のトロフィーの中でもっとも価値があるのは純銀のものです。トロフィーに「silver・925・800・starling・銀製・純銀」などの刻印があることが純銀製である1つの目安になりますが、刻印がなくても純銀製の場合があります。

銀製のトロフィーは単に貴金属として買取するため、トロフィーが変色・変形をしていても影響はありません。また、台座やプレートが付いたままでも買取は可能です。

銀製と思われるトロフィーがある場合は自分で判断せずに、買取業者に相談してみましょう。

フリマアプリなどを利用して売却

トロフィーやメダルは貴金属として売却するしかないと解説しましたが、フリマアプリなどでは金製や銀製ではない中古のトロフィーやメダルが販売されています。

これは規模の小さなスポーツ大会やイベントを行うときに使うために購入されるものです。また、自分の子どもにオリジナルのトロフィーやメダルを贈って健闘を称えるという使い方もするようです。

不用になったトロフィーやメダルを再び活用してもらえるなら、前向きに処分できるかもしれません。

実際にメルカリではトロフィーやメダルが販売されています。

  • トロフィー 4個セットB 2,200円で売却
  • 金メダル銀メダル銅メダル マラソン3点セット 899円で売却

このような目的のために売却する場合は、トロフィーのネームプレートを外しておくと購入する方に親切です。また、キレイに掃除をしておくと売却しやすくなるでしょう。

トロフィーやメダルに傷や落ちない汚れがある場合は、正直に申告しておきましょう。フリマアプリは売却まで個人間でのやり取りになります。後から傷や汚れが判明するとトラブルの原因になることもあるため、商品の状態について正直に伝えることはとても大切です。

不用品回収業者に依頼する

トロフィーを不用品回収業者で処分する

事情があって処分を急ぎたい方には、不用品回収業者がお勧めです。

トロフィーやメダルの数が多くていちいち素材を確認できない場合でも、不用品回収業者に依頼すればすべて任せられます。

不用品回収業者は高額な費用がかかるのではないかと不安な方もいるでしょう。確かに1回の回収で10,000円前後の料金設定をしている業者が多いため、自治体で処分するときよりも高額なのは事実ですが、メリットも多くあります。

不用品回収業者を利用するメリット

  • 申込みをしてから対応するまでの時間が短いため、処分が早く終る
  • 早朝や深夜などにも対応してもらえるため、自分の都合に合わせて処分ができる
  • どのような素材・状態のトロフィーやメダルでも回収してくれる
  • トロフィーやメダル以外にも不用品があれば一緒に回収してくれる
  • 不用品買取をしている業者が増えているため、不用品が収入になる可能性も

不用品回収業者ではコンテナや軽トラックに積めるだけの不用品を1回で回収する場合が多いため、何か1つだけを処分するよりも、たくさんの不用品を処分する方が料金が無駄になりません。

また、不用品買取の代金は料金と相殺してくれることが多いため、費用の不安や不満は少なくなるはずです。片付け作業も一気にはかどるため、費用以上の効果を実感できるでしょう。

まとめ【トロフィーは素材とサイズに合わせた方法で処分しよう】

トロフィーやメダルの処分方法について解説してきました。

  • 処分に費用をかけたくない方は自治体でゴミとして処分することがおすすめ
  • 時間がある方はリユースするために売却をするのがおすすめ
  • 急いで処分したい場合は不用品回収業者がおすすめ

売却をする場合は処分費用がかからないだけでなく、不用なトロフィーやメダルが収入に変わるかもしれません。

トロフィーやメダルを処分するときは、素材とサイズだけでなく自分の状況に合わせて方法を選びましょう。

また、トロフィー以外にも不用品がある方や、まとめて処分をご希望の方は不用品回収業者を利用することで効率的に処分することができます。

業者選びが難しいと感じる方は、ぜひ「不用品回収モール」をご利用ください!

不用品回収モールには、当サイトのコンセプト(ぼったくりなどの被害を防ぎたい)に賛同いただいている企業様を掲載しております。

ぜひ当サイトに掲載されている企業/回収業者様を一度ご検討いただき、もし何かご不満などがございましたら、当サイトへ口コミをお寄せください。

不用品回収モールでは、さまざまな不用品回収業者の情報及び利用者たちの口コミを公開しているので、ぜひ業者選びの参考にしてみてください。

不用品回収業者ピックアップ

エコホワイト

古物商許可番号:第49133A000070号

エコホワイト

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

エコホワイトでは、不用品回収や粗大ごみの片付けを、定額パックプランで即日対応しております!基本料金、出張費、お見積りなどの費用はすべて含まれており、追加の費用は一切ありません。お客様の状況に合わせて最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお電話いただければ幸いです!

エコクリーンラボ

古物商許可番号:第49133A000070号

エコクリーンラボ

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.神奈川県大和市.

紹介文

エコクリーンラボでは、他社では別途料金になってしまう、搬出作業費、スタッフ追加料金、車両費、出張費、梱包作業費、清掃作業費用が全てコミコミになっています!お見積もり後の追加料金も一切ございません。ご状況にあった最適なプランをご提案させていただきます!

ラクエコ

古物商許可番号:第49133A000070号

ラクエコ

対応エリア

静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

不用品回収、粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷片付け、遺品整理など、幅広いサービスを業界最安値(4,800円~)で提供しております。定額乗せ放題プランで、即日対応も可能です。出張費、基本料金、お見積もり0円

おすすめ記事

キャンペーン主催 : 株式会社レットビットAmazonはAmazon.com, Inc. またはその関係会社の商標です。

キャンペーン主催 : 株式会社レットビットAmazonはAmazon.com, Inc. またはその関係会社の商標です。