ウォーターベッドの捨て方は?6つの処分方法や費用について解説

ウォーターベッドがおいてある寝室

浮いていると錯覚してしまう独特の寝心地で人気のウォーターベッドですが、ベッドの本体に水が入っている製品なので、どう処分すればいいかわからず悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

この記事では、ウォーターベッドの捨て方を徹底解説していきます。

ごみとして処分する方法だけでなく、まだ使える状態のウォーターベッドをリサイクルする方法や効率的に処分する方法などについても解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること

  • ウォーターベッドの捨て方
  • 処分費用や買取価格
  • 処分する際の注意点

不要になったウォーターベッドの捨て方6選

ウォーターベッド処分する方法

不要になったウォーターベッドは、

  • 自治体の粗大ごみで回収してもらう
  • 解体して一般ごみとして処分する
  • 販売店に引き取ってもらう
  • フリマアプリやネットオークションで売却する
  • 欲しい人・必要としている人に譲る
  • 不用品回収業者に回収してもらう

など、さまざまな方法で処分できます。

それぞれの捨て方を詳しく解説していきます。

ウォーターベッドの捨て方①自治体の粗大ごみで回収してもらう

ウォーターベッドはサイズが大きく重量もあるため、自治体のごみとして処分する場合は粗大ごみとして回収してもらう必要があります。

代表的な自治体におけるウォーターベッドの処分料

自治体処分料
北海道札幌市200円
栃木県宇都宮市840円
埼玉県さいたま市550円
東京都江戸川区400円
中野区400円
八王子市200円
神奈川県横浜市1,000円
大阪府大阪市200円
兵庫県神戸市300円
福岡県福岡市300円

ウォーターベッドの処分料はそこまで高くはなく、500〜1,000円程度の負担で処分できます

ただ、水が入っている状態だと粗大ごみとして回収してもらえないので、水抜きを行った上で処分しなくてはいけません。

また、処分料や処分する際の条件は自治体によって異なるので、実際に処分する際はお住まいの自治体のホームページを確認した上で処分するようにしてください。

ウォーターベッドの捨て方②解体して一般ごみとして処分する

ウォーターベッドを解体できるのであれば、一般ごみとして処分することもできます。
解体した後の処分方法はウォーターベッドの素材や自治体によって異なりますが、可燃ごみとして処分するケースがほとんどです。

ウォーターベッドは一般的なベッド用のマットレスとは異なりスプリングが入っていないので、解体方法はそこまで複雑ではありません。

水抜きを行った本体を、ハサミやカッターを使って一般ごみとして処分できるサイズにするだけです。
ただ、水抜きにもかなり時間がかかるだけでなく、サイズが大きいのでハサミやカッターで解体するにも数時間かかります。

粗大ごみとして処分する際の費用こそ節約できますが、処分料が500〜1,000円程度であることを考えると節約効果はそこまで高くありません。

また、粗大ごみに該当するものは、解体して小さくしたとしても粗大ゴミとして処分しなければならないといったルールが設けられている自治体もあるので注意が必要です。

ウォーターベッドをごみとして処分する場合は、解体処分ではなく粗大ごみとしての処分をおすすめします。

ウォーターベッドの捨て方③販売店に引き取ってもらう

ウォーターベッドを販売している一部の販売店では、不要になったウォーターベッドの解体処分と引き取りを行っています。
費用はかかるものの、水抜きや解体などにかかる作業の手間を業者にすべて任せられるので、利用者には一切手間がかかりません。

ただ、新しいウォーターベッドへの買い替えが必要であったり、一部対象外の地域があるなど、対応してもらう際の条件は販売店によって異なるので、事前に確認した上で依頼するようにしてください。

ウォーターベッドの捨て方④フリマアプリやネットオークションで売却処分する

処分する予定のウォーターベッドがまだ使える状態なのであれば、ごみとして処分するのではなく、売却して処分するという方法もあります。

ウォーターベッドの売却先としてはメルカリなどのフリマアプリやヤフオク!などのネットオークションがおすすめで、実際に以下のような価格で売却されています。

サービス名製品名売却価格
メルカリウォーターベッド クイーンサイズ ウォーターワールド社80,000円
ウォーターベッド30,000円
ウォーターベッド クイーンサイズ ウォーターワールド社150,000円
ヤフオク!ウォーターワールド アクアパズル ZEN 禅 ウォーターベッド150,000円
ウォーターベッド170,000円

ウォーターベッドは高価な製品なので、有名メーカーの製品であれば10万円以上で売却することも可能です。
ただ、水抜きした上で発送する必要があるので、購入者は自分でメーカーや業者に連絡して水を入れ直さなくてはいけません。

そのことを説明文に記載しておかないとトラブルにつながりかねないので、フリマアプリやネットオークションでウォーターベッドを売却する際は、必ず詳細に記載するようにしてください。

ウォーターベッドの捨て方⑤欲しい人・必要としている人に譲る

まだ使用できる状態のウォーターベッドをリサイクルする方法としては、欲しい人や必要としている人に譲るという方法もあります。
ウォーターベッドは高価な製品なので、譲ってほしいと考えている人は少なくありません。

譲渡先は、TwitterなどのSNSやジモティーなどの掲示板で探すのがおすすめで、友人や知人に声をかけてみるのもいいでしょう。

ウォーターベッドを譲って処分する場合は、売却するときと同様に、水抜きした状態での引き渡しとなることをしっかり説明した上で譲渡するようにしてください。

また、水を入れ直す際はメーカーや業者に対応してもらう必要があり、費用がかかることについても記載しておくようにしましょう。

ウォーターベッドの捨て方⑥不用品回収業者に回収してもらう

ウォーターベッドを処分する上でもっとも手間と時間がかかるのが、水抜きです。
ごみとして処分するにしても売却するにしても水抜きが必要になるので、非常に手間がかかります。

ウォーターベッドの水抜きをせずに、効率的に処分したいのであれば、不用品回収業者に回収してもらうのが一番です。

不用品回収業者はさまざまな不用品の回収を行ってくれる業者で、ウォーターベッドの回収にも対応してくれます。
回収費用はかかりますが、水抜きから搬出までトータルで行ってくれるので、一切手間がかかりません。

手間をかけたくないときやすぐに処分したい場合は、不用品回収業者への依頼が断然おすすめです。

ただ、回収にかかる費用や水抜きについては業者によって対応が異なるので、事前に問い合わせた上で依頼するようにしてください。

ウォーターベッドを処分する際の注意点

ウォーターベッド処分する際の注意点

実際にウォーターベッドを処分する場合、

  • ウォーターベッドを処分するときは水抜きが必要
  • 本体とフレームは別々に処分する必要がある
  • リサイクルショップや買取店での買取は難しい
  • 業務用として使用していたウォータベッドは産業廃棄物として処分する

などに注意が必要です。

それぞれの注意点について詳しく解説していきます。

ウォーターベッドを処分するときは水抜きが必要

ウォーターベッドは大量の水を入れて使用する製品です。

水を入れた状態のウォーターベッドは、軽いものでも300〜400kgほどの重さになるため、水を入れたまま部屋から搬出することはできません。

そこで必要になるのが、水抜きです。
水抜きは専用のモーターにホースを接続して行うのが一般的です。

ホースのみや灯油ポンプを使って手動で水を抜くこともできますが、その場合、手動で数百リットルの水を抜くことになるためかなり時間がかかります。

手動での水抜きはあまり現実的ではないので、有料にはなりますが、メーカーに依頼するか、不用品回収業者に回収とあわせて水抜きまで行ってもらうようにしましょう。

本体とフレームは別々に処分する必要がある

ウォーターベッドは、専用のフレームに入れて使用する製品です。
フレームをウォーターベッドとあわせて処分する場合は、フレームの処分方法についても調べる必要があります。

ベッドフレームはサイズが大きいので、粗大ごみとして処分することになる自治体がほとんどではあるものの、フレームの素材によってごみの分類が異なるケースもあります。

また、ごみの処分方法やルールは各自治体によって異なるので、フレームも処分する場合は、ウォーターベッド本体の処分方法だけでなくフレームの処分方法についても事前に確認しておくようにしましょう。

ウォーターベッドはリサイクルショップや買取店で買取してもらいにくい

ウォーターベッドは、リサイクルショップや買取店で買い取ってもらうのが困難な製品です。

ウォーターベッドを買い取った業者は、店舗で製品を展示する際に水を入れ直さなくてはならず、製品が売れた場合も改めて水抜きしなくてはいけないので、扱いにくいというデメリットがあります。

また、購入者が自分で業者に依頼して水を入れ直さなくてはならないため、売りにくいという点もあります。

高価な製品なので売れた場合の利益は大きいですが、メンテナンスの手間や売れ残りのリスクを考えると、業者としても積極的に買い取るのが難しく、買取を断られるケースがほとんどです。

実際に、リサイクルショップや買取店でのウォーターベッドの買取事例はほとんどありません。

持ち込んでも買取を断られてしまったり値段がつかない可能性が高いので、ウォーターベッドを売却する場合は、フリマアプリやネットオークションでの売却をおすすめします。

業務用のウォーターベッドは産業廃棄物として処分する

インテリアショップで商品として販売していたウォータベッドや、整体や接骨院などで使用していた医療用のウォータベッドは、一般家庭のごみとして処分することができません。

業務で使用していたものをごみとして処分する場合は、産業廃棄物として処分する必要があります。

産業廃棄物の処理は、産業廃棄物専門の回収業者に回収を依頼して行う必要があります。

用途を偽って自治体の粗大ごみとして処分してしまうと、不法投棄を行ったとして処罰されてしまう可能性もあるので注意しましょう。

まとめ

故障や買い替えによって不要になったウォーターベッドの捨て方について紹介してきました。

ウォーターベッドをごみとして処分したい場合は、次の方法で処分できます。

  • 自治体の粗大ごみで捨てる
  • 解体して一般ごみで捨てる

処分する予定のウォーターベッドがまだ使える状態なのであれば、以下の方法で処分しましょう。

  • フリマアプリやネットオークションで売却する
  • 必要としている人に譲る

ウォーターベッドは、捨てる際に水抜きが必要になる、処分に手間がかかる製品です。

水抜きにかかる手間を考えると、不用品回収業者に回収を依頼するのが最も効率的なので、不用品回収業者への依頼も検討してみてください。

不用品回収業者を探す際は、ぜひ「不用品回収モール」をご利用ください!

不用品回収モールには、当サイトのコンセプト(ぼったくりなどの被害を防ぎたい)に賛同いただいている企業様を掲載しております。

ぜひ当サイトに掲載されている企業/回収業者様を一度ご検討いただき、もし何かご不満などがございましたら、当サイトへ口コミをお寄せください。

不用品回収業者ピックアップ

エコホワイト

古物商許可番号:第49133A000070号

エコホワイト

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

エコホワイトでは、不用品回収や粗大ごみの片付けを、定額パックプランで即日対応しております!基本料金、出張費、お見積りなどの費用はすべて含まれており、追加の費用は一切ありません。お客様の状況に合わせて最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお電話いただければ幸いです!

エコクリーンラボ

古物商許可番号:第49133A000070号

エコクリーンラボ

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.神奈川県大和市.

紹介文

エコクリーンラボでは、他社では別途料金になってしまう、搬出作業費、スタッフ追加料金、車両費、出張費、梱包作業費、清掃作業費用が全てコミコミになっています!お見積もり後の追加料金も一切ございません。ご状況にあった最適なプランをご提案させていただきます!

ラクエコ

古物商許可番号:第49133A000070号

ラクエコ

対応エリア

静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

不用品回収、粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷片付け、遺品整理など、幅広いサービスを業界最安値(4,800円~)で提供しております。定額乗せ放題プランで、即日対応も可能です。出張費、基本料金、お見積もり0円

おすすめ記事