神棚はゴミに出しても大丈夫?処分方法や費用を徹底解説

お札を祀るための神棚をそのまま処分することを迷っている方は意外と多く「罰当たりな気がしてゴミに出せない」「神社でお焚き上げしてもらえないの?」こうした悩みを抱えている方も少なくないのではないでしょうか。

そこでこの記事では神棚の処分方法や費用、神棚を引き取ってもらえる業者について解説します。

この記事でわかること

  • 神棚の処分タイミング
  • 神社でお焚き上げをしてもらう方法
  • 購入店で処分してもらう方法
  • 自治体で処分してもらう方法
  • 不用品回収業者で依頼する方法

神棚を自治体で処分する方法についても紹介していますので最後までご覧ください。

神棚を処分するタイミングについて

神棚処分のタイミング

日本では古来より八百万の神という考え方があり、自然や自然現象などあらゆるものや事象に神が宿っているとされていたことから、その神様を祭るために神棚があります。

江戸時代に一般家庭に普及したといわれており、現代でも厄除けや家内安全、商売繁盛などをお祈りするものとして神棚は日本の文化に根付いています。

そんな神棚を処分するタイミングは明確に決まっている訳ではありませんが、一般的には下記のタイミングで処分することが多いです。

  • 新年を迎えるタイミング
  • 新築やリフォーム、開店をしたタイミング
  • 神棚が傷んだタイミング
  • 式年遷宮が行われるタイミング

神棚を処分するタイミングは住んでいる地域の習わしで異なることもあるので一概にはいえませんが、上記のタイミングで処分することが一般的です。

神棚を処分したくてもタイミングがわからない方はこちらを参考に、同じようなタイミングで神棚を処分することをオススメします。

新年を迎えるタイミング

神棚に祭られているお札を交換する場合、年末に新しいお札に取り替え新しいお札で新年を迎えて、古札(それまで祀っていた札)は1月中旬に感謝の気持ちをこめて近くの神社でお焚き上げをしてもらうのが一連の流れとされています。

神棚をキレイにしてそのまま使う方や神札を交換しない方もいますが、中には1年に1回お札と一緒に神棚もお焚き上げしている方もいます。

1年や2年など節目で処分する方も多いので、神棚の処分タイミングが決まっていない方は、お札と合わせて神棚も交換したタイミングで処分するのも良いのではないでしょうか。

リフォームや改修などをするタイミング

家や会社、事務所などには家内安全や商売繁盛を祈って神棚を設置することが多いため、リフォームや改修などを含めた、建物を新しくするタイミングで神棚を処分する方もいます。

また、引っ越しも同じように神棚を新しくするタイミングとして最適なので、神棚を処分するタイミングがわからない方は引越しするタイミングで処分しましょう。

神棚が傷んだタイミング

神棚にホコリを溜めてはいけないように、神棚が傷んでいるのも問題です。

そもそも神棚は木材が使われているので、環境によっては5年ほどで傷むこともあります。明確に何年といった決まりはありませんが、神棚が壊れたり汚れがとれなっかたりする時は新しい神棚に交換しましょう。

式年遷宮が行われるタイミング

式年遷宮(しきねんせんぐう)とは新しい神殿に神体を移動させる儀式行事のことで、三重県伊勢神宮では20年に一度に行われる神宮式年遷宮を指します。

伊勢神宮は全国にある神社よりも格式が高く、皇室の氏神様をお祀りしている神社として有名です。

他にも住吉社や鹿島社、宇佐神宮など各地域の神社で神体を移す儀式行事は行われていますが、こちらは遷座と呼ばれています。

こうした神社の儀式行事のタイミングに合わせて神棚を処分する方もいます。

神棚の処分タイミングがわからない方は、日ごろからお札を受けている神社の遷宮・遷座のタイミングで神棚の処分を検討してみてはいかがでしょうか。

神棚は神社でお焚き上げ・処分してもらえる?

神社でお焚き上げしてもらえる?

神社でお受けできるお札はそのまま返納できることが一般的ですが、神棚については各神社で対応が異なります。

一部神社の対応をまとめたものを表にしているので神棚を処分する際の参考にしてみてください。

神社名神棚・お札のお焚き上げ備考
伊勢神宮古札納所でお神札を返納なし
寒川神社納札殿でお札を返納なし
熱田神社授与所でお札を返納なし
尾陽神社神棚の郵送受付あり木造で50㎝内3,000円
70㎝以内5,000円
100㎝以内8,000円お札を含む
西野神社お札・神棚を社務所で受付初穂料は一律3,000円
村屋神社お札は回収箱、神棚は社務所で受付神棚の御祈祷料は5,000円
※内容は変更になることがあります。

神社によっては各行事で神棚をお焚き上げしており、実施される日にちが決まっている場合もあります。

お札はお受けした神社に返納し、神棚は受付を行っている神社の社務所に持ち込んで、御祈祷やお焚きあげをお願いする形になります。

神棚を神社の返納所にそのまま置いていく人がいるようですが、神棚は神社に持って行ってお終いではありません。処分する際に各儀式を行うため、初穂料を納めるのが一般的です

また、お供え物に使われる土器や三方などの神具は神社で受け付けていないことがほとんどです。そのため、塩で清めて分別し、自治体のゴミとして処分するようになっています。

お寺でも神棚を処分できる

あまり知られていませんが、仏壇や人形などの供養を行っているお寺では、同時に神棚のお焚き上げを行っている場合があります。

神社では神棚の御祈祷とお焚き上げをセットで行いますが、お寺では魂抜きやお祓いをした上で決まった日にお焚き上げをしていることが多いです。

またお寺によっては自宅に神棚を引き取りに来てくれることもあり、自宅でお布施を払ってその場で魂抜きをしてもらいます。

お布施は各お寺ごとで異なりますが、神棚を持ち込んだ場合5,000円から10,000円ほどになります

神社とは異なりますが、どちらもこれまで守っていただいた感謝の気持を持ってお焚き上げしてもらえるので、近くに神棚の処分をしている神社がない方はお寺を探してみてください。

業者や店舗を利用して神棚を処分する方法

業者や店舗で処分する

処分する際にお焚き上げや御祈祷を行う神棚は「神社以外で処分できないのでは?」と思う方もいますが、実際には以下の3つの方法でも処分することも可能です。

  • 神棚を購入した店舗に引き取ってもらう
  • 神棚や仏壇を取り扱う専門業者に郵送する
  • 遺品整理業者で神棚を処分してもらう

神棚や神具を取り扱っているお店で購入した場合、そのお店の引取サービスを利用できます。

ホームセンターやインターネットなどで購入したものでも、神棚を専門的に引き取っている業者に依頼することは可能です。

また神棚を管理していた方が亡くなった場合、遺品と一緒に神棚を処分してもらえるため、状況に応じて処分方法を選びましょう。

神棚を購入した店舗に引き取ってもらう

神棚を販売している店舗では、新しく購入する方に向けて古い神棚の引取サービスを行っている場合があります

こうした店舗では最寄りの神社に依頼して御祈祷やお焚き上げを行っているため、神社に神棚の処分を依頼した時と同じ方法で処分することができるでしょう。

通常であれば初穂料を収めてお焚き上げをしてもらいますが、引取費用がかからない店舗もあります。

引っ越しや改装を機に古い神棚を処分して新しい神棚に交換したい方は、引取サービスのある店舗を選んでみてください。

最寄りに神棚の販売店がない方でも郵送に対応している店舗があるので、お住いの場所に関係なく神棚を処分することができます。

神棚や仏壇を取り扱う専門業者に郵送する

神棚や仏壇など処分が難しいものを引き取っている専門業者があるのをご存知でしょうか。

こうした業者はお寺や神社に供養を依頼する代行会社で、神棚を処分できる神社が最寄りにない方でも郵送で処分することができます

御祈祷やお焚き上げをしている写真などを送ってもらうこともできるため、安心して神棚を処分することができるでしょう。

また神具は自分で処分することが一般的ですが、処分費用を支払うことでまとめて処分してもらうことも可能です。

配送方法はゆうパックやクロネコボックスなどとなっており、料金は各社で定められているダンボールのサイズで供養料が異なります。

また神棚は1基単位で別料金が発生することもあるので、事前に各専門業者の料金体系を確認してください。

神社に自分で持ち込む場合と比べて処分費用は高くなってしまいますが、神棚・神具販売店で購入していないものは、こうしたサービスを利用しましょう。

遺品整理業者で神棚を処分してもらう

遺品整理業者の中には遺品供養サービスを行っている業者もあります。

供養の対象になっているのは、仏壇・日用品・神棚など亡くなった方が生前利用や管理をしていたもので、供養方法は合同供養と自宅での供養に分かれていることがあります。

遺品整理業者はお寺との繋がりが強いため、供養は寺院で行われたり自宅にお坊さんを呼んで供養したりといったことが一般的です。

あくまでも遺品整理と同時に神棚も処分するため、費用は数万円以上かかるでしょう。神棚を管理する方がいない場合は、遺品と一緒に処分する方法も検討してみてはいかがでしょうか。

神棚を自治体で処分する方法

自治体で処分する

神棚に祭るお札を返納できる神社は多いですが、神棚自体をお焚き上げしてもらえる神社は少なく、場合によっては自治体のゴミとして処分する方もいます。

自治体のゴミとして神棚を処分する場合、お寺で行ってもらえる魂抜き等をして処分すると気になることもなくなるでしょう。

各自治体の神棚の処分ルールは若干異なることもあり、一部地域の処分ルールを表にまとめたので、神棚を処分する際の参考にしてみてください。

地域名分別区分備考
東京都世田谷区粗大ゴミ・燃えるゴミ最も長い辺が30㎝を超えるものは粗大ゴミ
東京都練馬区粗大ゴミ・燃えるゴミ概ね30㎝角以上は大型ゴミ
東京都足立区粗大ゴミ・燃えるゴミ一辺の長さが30㎝を超えるものは粗大ゴミ
東京都大田区粗大ゴミ・燃えるゴミ一辺の長さが概ね30㎝をこえるものは粗大ゴミ
東京都江戸川区粗大ゴミ・燃えるゴミ一辺の長さが30㎝を超えるものは粗大ゴミ
神奈川県横浜市粗大ゴミ・燃やすゴミ50㎝未満のものは燃やすゴミ
千葉県千葉市粗大ゴミ・可燃ゴミ指定袋の口が結べないものやはみ出してしまうものは粗大ゴミ
北海道札幌市家庭ごみ・大型ゴミ指定袋に入らないものは粗大ゴミ
宮城県仙台市家庭ごみ・粗大ゴミ一辺の長さが30㎝を超えるものは粗大ゴミ
石川県金沢市燃やすゴミ・燃やさないゴミ70㎝以下は燃やすゴミ・70㎝以上は燃やさないゴミ
富山県富山市燃やせるゴミ1m以内に切る
愛知県名古屋市粗大ゴミ・可燃ゴミ30㎝角以上は粗大ゴミ
大阪府大阪市粗大ゴミ・燃えるゴミ最大の辺または径が30㎝を超えるものは粗大ゴミ
京都府京都市大型ごみなし
福岡県福岡市粗大ゴミ・燃えるゴミ指定袋に入らないものは粗大ゴミ
※処分ルールは変更になることがあります。

神棚のサイズにより異なりますが、分別区分は粗大ゴミに分けられることが一般的です

多くの県では品目で指定されている訳ではないので、30㎝以下や指定袋に入る大きさにカットすると燃えるゴミとして処分することもできるでしょう。

ただし、地域によっては神棚を品目で分別しており、分別区分がサイズごとで分けられ「燃えるゴミ」や「燃えないゴミ」になることもあります。

地域によって処分ル―ルが違うこともあるので、神棚を処分する際には自治体で決められている品目やサイズを必ず確認してください。

神棚や神具はまとめて不用品回収業者に依頼して処分可能

不用品回収業者に依頼する

引っ越しや改装などがキッカケで神棚を新しくする方も多く、こうした場合は不用品回収業者に依頼して他の不用品とまとめて処分することもできます。

事前に神棚に祭られているお札はお受けした神社に返納し、神棚本体は御祈祷や魂抜き、神具は塩で清めるなどしておくとよいでしょう。

神棚の処分を自分でする場合、清めたあとに神棚を解体して神具は自治体のルールに沿って処分しなければなりません。神具は土器や金物が使われているため、分別に苦労する方もいるでしょう。

しかし、不用品回収業者に依頼すると分別する手間を省いて処分することが可能です

また、不用品回収業者によっては合同供養を行っていることもあり、回収料金だけで供養料はかからない場合があります。

そのため事前に神棚や神具を清める時間がない方でも安心して利用することができるでしょう。

不用品回収業者によっては10,000円程度で処分してくれる場合もあるので、総合的に考えても神棚や神具をまとめて処分したい方にオススメのサービスといえますね。

まとめ

この記事では神棚の処分方法を解説しました。神棚の処分方法をまとめたものが以下になります。

  • お札や神棚は神社で御祈祷・お焚き上げしてもらう
  • 神棚はお寺で魂抜き・お焚き上げしてもらうこともできる
  • 神棚を買い替える方は販売店に引き取ってもらう
  • 神棚や仏壇を引き取っている専門業者に依頼する
  • 遺品整理で管理する人がいなくなった神棚は遺品整理業者に依頼する
  • 清めたあとの神棚は自治体のゴミとして処分することもできる

神棚の処分方法にはさまざまな方法がありますが、神社に直接持ち込むことができない方もいるでしょう。

また多くの神社では時期によって神棚を受け付けていないこともあり、神具はお焚き上げすることはできません。

そのためこうした方法で処分できない方は合同供養を行っている不用品回収業者に依頼しましょう。

不用品回収業者をお探しの際は、ぜひ「不用品回収モール」をご利用ください!

不用品回収モールには、当サイトのコンセプト(ぼったくりなどの被害を防ぎたい)に賛同いただいている企業様を掲載しております。

ぜひ当サイトに掲載されている企業/回収業者様を一度ご検討いただき、もし何かご不満などがございましたら、当サイトへ口コミをお寄せください。

不用品回収業者ピックアップ

エコホワイト

古物商許可番号:第49133A000070号

エコホワイト

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

エコホワイトでは、不用品回収や粗大ごみの片付けを、定額パックプランで即日対応しております!基本料金、出張費、お見積りなどの費用はすべて含まれており、追加の費用は一切ありません。お客様の状況に合わせて最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお電話いただければ幸いです!

エコクリーンラボ

古物商許可番号:第49133A000070号

エコクリーンラボ

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.神奈川県大和市.

紹介文

エコクリーンラボでは、他社では別途料金になってしまう、搬出作業費、スタッフ追加料金、車両費、出張費、梱包作業費、清掃作業費用が全てコミコミになっています!お見積もり後の追加料金も一切ございません。ご状況にあった最適なプランをご提案させていただきます!

ラクエコ

古物商許可番号:第49133A000070号

ラクエコ

対応エリア

静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

不用品回収、粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷片付け、遺品整理など、幅広いサービスを業界最安値(4,800円~)で提供しております。定額乗せ放題プランで、即日対応も可能です。出張費、基本料金、お見積もり0円

おすすめ記事