テレビの処分方法まとめ|TVの捨て方から注意点まで徹底解説

テレビ・TV

多くのご家庭にある「テレビ」は、故障や引っ越し、買い替えなどに伴って処分する必要になることがあります。

長く使用できる家電のため、処分する機会もあまりなく、いざ処分するとなると困る方も多いのではないでしょうか。

実は、テレビは「家電リサイクル法」の対象製品になっていることもあり、処分方法が他の電化製品とは異なるため注意が必要です。

この記事でわかること

  • 家電リサイクル法について
  • テレビの適切な処分方法
  • テレビの処分にかかる料金
  • テレビ処分における注意点

家電リサイクル法の概要にも触れながら、テレビの適切な捨て方について紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

テレビを処分する際に注意したい「家電リサイクル法」

テレビの処分を検討している場合、把握しておかなくてはいけないのが「家電リサイクル法」です。

家電リサイクル法とは、2001年の4月1日に施行された、家電の処分やリサイクルについて定められた法律です。

家電にはリサイクルできる貴重な資源が使用されていますが、ひと昔前まではリサイクルに関する技術が確立されておらず、埋め立てて処分されていました。

しかし、埋め立て処分だとせっかくの貴重な資源を再利用することができず、埋め立てをおこなう土地のキャパシティの問題もあります。

そこで、資源の有効活用や廃棄物の減量の観点から制定されたのが家電リサイクル法です。

家電リサイクル法では、以下の4品目が対象となっています。

  • テレビ
  • エアコン
  • 冷蔵庫・冷凍庫
  • 洗濯機・乾燥機

これらの製品は、自治体の一般ゴミはもちろん粗大ゴミとして処分することもできません。

家電リサイクル法に則った方法で処分する必要があります。

家電リサイクル法の対象になるテレビ

テレビは家電リサイクル法に則った方法で処分する必要がありますが、テレビなら何でも家電リサイクル法の対象になるというわけではありません

いくつか種類のテレビは家電リサイクル法の対象にならないものがあり、処分する予定のテレビが家電リサイクル法の対象製品であるか事前に確認しておく必要があります。

家電リサイクル法の対象となる主なテレビは、以下の製品があげられます。

家電リサイクル法「対象」のテレビ

種類製品の特徴
ブラウン管テレビ・AC100V電源式
・AC電源アダプター式
・ラジカセ一体型
・シガーライターアダプター型
・電池式
(電池は別途処分が必要)
液晶テレビ・AC100V電源式
・AC電源アダプター式
プラズマテレビ・チューナー分離型
・プレーヤー、レコーダー一体型

一方、以下の製品は家電リサイクル法の対象ではありません。

家電リサイクル法「非対象」のテレビ

製品の特徴
ブラウン管テレビ・ポータブル型
・車載用
(シガーライターを電源とするタイプのものも含む)
・造作型
・電池式
・充電式
その他のテレビ・プロジェクター
・モニター
(チューナー有りの製品も含む)

古いテレビや大型テレビなど、製品の年式や大きさで分類されるものではありませんので注意してください。

テレビの処分時に必要な「家電リサイクル券」について

家電リサイクル券は、家電リサイクル法の対象となる製品を処分する際に必要になる証明書です。

家電リサイクル法の対象となる家電を処分する場合、所定のリサイクル料金がかかります。

処分場ではリサイクル料金の徴収を行っていないので、リサイクル券を事前に購入することで、料金を支払った証明になります。

家電リサイクル券は郵便局で発行されており、リサイクル料金の支払いも郵便局の窓口でおこないます。

リサイクル料金の支払いが完了したら、家電リサイクル券を持って処分場へテレビを持ち込み、処分します。

テレビのリサイクル料金は以下のとおりです。

主なテレビのリサイクル料金

TVS REGZA
パナソニック
その他のメーカー
ブラウン管式テレビ(小)1,320円1,870円
ブラウン管式テレビ(大)2,420円2,970円
液晶・プラズマ式テレビ(小)1,870円1,870円
液晶・プラズマ式テレビ(大)2,970円2,970円

また、自分で処分場に持ち込まずに業者に回収を依頼する場合は、リサイクル料金だけでなく運搬料もかかることになるので注意しましょう。

家電リサイクルの方式について

家電リサイクル券のシステムには、「料金販売店回収方式」と「料金郵便局振込方式」という2種類のシステムがあります。

料金販売店回収方式」は、家電量販店などの小売店を通して家電リサイクル券を発行するシステムです。

消費者は運搬料とリサイクル料金を小売店に支払い、テレビを回収してもらうことができ、このときに家電リサイクル券を発行してもらうことができます。

料金郵便局振込方式」は、郵便局を通して家電リサイクル券を発行するシステムです。

あらかじめ郵便局でリサイクル料金を支払って家電リサイクル券を発行してもらい、自治体指定の処分場にリサイクル家電を持ち込んで回収してもらいます。

家電リサイクル券のテレビ区分コードについて

テレビのリサイクル料金は、以下によって異なります。

  • メーカー
  • テレビの種類
  • テレビの大きさ

主なメーカーのリサイクル料金は以下のとおりです。

各メーカーごとのテレビのリサイクル料金

メーカーテレビのサイズリサイクル料金
シャープ(SHARP)ブラウン管 15型以下プラズマ 15型以下1,870円
ブラウン管 16型以下プラズマ 16型以下2,970円
パナソニック(PANASONIC)ブラウン管 15型以下プラズマ 15型以下1,320円
ブラウン管 16型以下2,420円
ブラウン管 16型以下1,870円
ソニー(SONY)ブラウン管 15型以下プラズマ 15型以下1,870円
ブラウン管 16型以下プラズマ 16型以下2,970円
ハイセンスプラズマ 15型以下3,099円
プラズマ 16型以下3,700円

テレビの大きさがわからないときは、テレビの型番をチェックするようにしましょう。

型番の表記方法はメーカーによって異なりますが、型番の頭の2桁がそのテレビのサイズを表していることが多くなっています。

また、インチ表記と型表記が混在しているため混乱する方もいますが、インチでも型でもテレビの画面サイズは同じです。

「32型のテレビ」=「32インチのテレビ」、「50インチのテレビ」=「50型のテレビ」ということになります。

メートル法が使用されている日本では「インチ」での表記に馴染みがないため、テレビのサイズ感をより伝わりやすくするために「型」という表現を使用するようになっています。

最近は見える範囲を表現する「V型」という新しい表記方法も出てきていますが、リサイクル料金の基準となるのは「インチ」や「型」であるため気にする必要はありません

家電リサイクル券を購入する際の注意点

テレビを処分するために家電リサイクル券を購入する際、いくつか注意しなくてはいけないポイントがあります。

現在テレビメーカーが存在しない場合の引き取り

テレビを製造していたメーカーで倒産や買収などによって、現在なくなってしまっているメーカーもあります。

その場合、テレビの処分をおこなうのは指定法人となっているメーカーとなるため、リサイクル料金についても指定法人のリサイクル料金が適用されることになります。

振替払込受付証明書を紛失した場合は引き取り不可

リサイクル料金を支払った後に交付される「振替払込受付証明書」を紛失してしまった場合は、テレビを引き取ってもらうことはできません。

また、間違ったリサイクル券を購入してしまった場合も引き取ってもらえません。

ただ、誤って購入したリサイクル券の購入代金については返金申請が可能なので、万が一間違って購入してしまった場合は返金してもらい、正しいものを購入し直すようにしましょう。

家電リサイクル券の排出者控を保管する

テレビを回収業者に引き渡すと家電リサイクル券の「排出者控」を受け取ることができます。

この排出者控にはお問い合わせ管理番号が記載されており、引き渡したテレビが正しく処分されているかなどをチェックできるようになっています。

「きちんと引き渡して控えも受け取ったのに処分されていない」といったトラブルを避けるためにも、なくさないよう大切に保管しておくようにしましょう。

適切なテレビの処分方法を7つご紹介

テレビを一般ゴミや粗大ゴミとして処分してしまうと不法投棄になるため、それらの方法ではなくルールに則った適切な方法で処分しなくてはいけません。

テレビの適切な処分方法としては、次の方法があげられます。

  • 販売店に持ち込んで処分する
  • 自治体指定の引取所に持ち込んで処分する
  • 自治体指定の回収業者に回収を依頼する
  • リサイクルショップで売却する
  • ネットオークションやフリマアプリで売却する
  • 不用品回収業者に回収を依頼する
  • 分解・解体して処分する

安い費用で処分する方法として、収入が得られる可能性があるリサイクルショップやネットオークション・フリマアプリで売却する方法があげられます。

また、不用品回収業者にはリサイクル料金を含んだ料金で回収を引き受けてくれるところもあり、お得に処分できる可能性もあります。

無料で処分できる可能性がある方法としては、分解・解体して処分する方法があげられますが、実際に分解・解体する場合はいくつか注意点があります。

ここでは、それぞれの処分方法の概要や注意点について解説していきます。

テレビを購入した店舗または買い替えの際に販売店で処分を依頼する

処分するテレビを購入した店舗がわかる場合やテレビを買い替える場合は、販売店にテレビの処分を依頼することが可能です。

引取対応サービスを行なっている主な販売店と、引き取りを依頼する際の費用や条件については以下の通りとなっています。

販売店でテレビ引き取りにかかる料金・条件

費用や条件など
コジマ電気・料金:1,320円~2,970円

・テレビをコジマ電気で買い替える場合のみ依頼可能
ケーズデンキ・料金:1,320円~5,170円

・引き取りのみも可能・回収のみの場合、上記の料金にプラスで規程出張費(3,300円~)がかかる
ビックカメラ・料金:3,520円~5,350円

・引き取りのみも可能(引き取りのみの料金:6,320円~8,700円)
ヤマダ電機・料金:2,970円~5,350円

・テレビをヤマダ電気で買い替える場合のみ依頼可能
ヨドバシ・料金:1,320円~2,970円

・テレビをヨドバシで買い替える場合のみ依頼可能
エディオン・料金:1,320円~2,970円

・引き取りのみも可能
Amazon・料金:4,620円~5,720円

・テレビをAmazonで買い替える場合のみ依頼可能
※ブラウン管テレビについては記載なしのため要確認

指定の引取所にテレビを持ち込み処分する

処分する予定のテレビを運搬できるのであれば、自治体が指定する引取所に持ち込んで処分することもできます。

指定の引取所にテレビを持ち込んで処分する際の大まかな流れは以下のとおりです。

  1. 持ち込み処分の申し込みをおこなう
  2. リサイクル料金を支払う
  3. 申込日にテレビを持ち込んで回収してもらう

一部持ち込みの申し込みが必要ない自治体もありますが、基本的には上記の流れで処分することになります。

リサイクル料金の支払いは郵便局にある「家電リサイクル券」にておこないます。

リサイクル料金の支払いが完了したら、その家電リサイクル券を持って引取所にテレビを持ち込み引き渡すといった流れです。

主な自治体が指定する一部の引取所

自治体引取所
新宿区東亜物流(株)板橋営業所
岡山県貨物運送(株)京浜支店
(有)東南流通
足立区白井エコセンター株式会社
上昇運輸株式会社
世田谷区、大田区岡山県貨物運送(株)京浜支店
株式会社LNJ小泉
練馬区東亜物流株式会社 板橋営業所
株式会社東邦運輸 東京営業所
株式会社調布清掃
町田市日通東京西運輸(株)東京府中取扱所
西濃運輸(株)相模原支店
東亜物流(株)西東京支店
横浜市、川崎市東芝環境ソリューション(株)
スガヤメタル株式会社
日本通運(株)横浜都筑指定引取場所
大阪市(東成区)株式会社クリーンクニナカ
株式会社GREENlea
合同衛生株式会社
松原市日本通運株式会社 大阪南支店八尾倉庫
(株)オオトモ 新北島倉庫
株式会社ロジックナンカイ
大阪府狭山市日本通運株式会社川越事業所
株式会社ナガオリサイクルセンター
東上通運株式会社川越リサイクルセンター
福岡市西鉄運輸(株) 福岡支店
久留米運送(株) 福岡支店
(株)西原商事 福岡西営業所
沖縄市拓南商事株式会社

こちらの表では、一部自治体の引取所の情報を例として記載しています。

実際に引取所に持ち込んで処分する際は、各自治体のホームページから引取所の情報を必ずチェックした上で持ち込むようにしてください。

自治体指定の回収業者にテレビの回収を依頼する

自分で自治体の引取所にテレビを持ち込むのが難しい場合は、自治体が指定する業者に回収を依頼することも可能です。

回収業者に収集を申込・予約し、回収してもらいます。

東京などの自治体によっては専用の受付システムが用意されているところもあるので、申し込み方法については事前にしっかりと確認しておくようにしましょう。

主な自治体が指定する代表的な回収業者

自治体業者名詳細
町田市三凌商事問い合わせ:042-726-2647

受付時間:9:00~18:00
※土日定休
横浜市有田電気商会問い合わせ:045-383-2121

受付時間:10:00~18:00
※日曜定休
川崎市日渡電気商会問い合わせ:0120-52-3931

受付時間:10:00~18:00
※日曜定休
大阪市(東成区)株式会社クリーンクニナカ問い合わせ:072-334-8700

受付時間:要確認
松原市松原市役所市民生活部環境業務課に連絡して回収してもらう問い合わせ:072-332-8483
大阪府(狭山市)株式会社フィールドプロテクト問い合わせ:0120-52-3931

受付時間:9:00~17:00
※日曜定休
福岡市ヤマダデンキ テックランド博多本店※ヤマダ電機の各店舗に回収を依頼可能問い合わせ:092-432-4500

受付時間:10:00~20:00
沖縄市沖縄市粗大ごみ受付専用電話に連絡して回収してもらう問い合わせ:098-938-5371
新宿区要確認
足立区
世田谷区
大田区
練馬区

こちらは、各自治体の代表的な回収業者の情報をまとめた表です。

実際に依頼する場合は、自治体のホームページなどで確認した上で回収を依頼するようにしてください。

テレビをリサイクルショップに買取を依頼する

テレビはリサイクルショップに売却して処分することも可能です。

処分する予定のテレビをリサイクルショップに持ち込み査定をしてもらい、買い取ってもらいます。

また、最近は宅配買取や出張買取をおこなっているリサイクルショップも増えてきているので、より手間をかけずにテレビの売却処分が可能です。

リサイクルショップは高値がつきにくいというデメリットがありますが、即金性が高いので即金性を重視する方におすすめです。

ただし、買取価格はそれぞれの店舗によって異なるので、可能であれば複数のリサイクルショップに査定してもらい、より高値で買い取ってくれるところで売却するようにしましょう。

また、テレビであれば何でも買い取ってくれるというわけではありません。

例えば、近年家電の買取にも力を入れているゲオの場合、家電の買取年数は製造されてから10年以内のものとしています。

セカンドストリートでも同様に製造から10年以内のテレビが買取対象となっており、ブラウン管テレビや10年以上前のテレビ、正常に使用することができないテレビは買取不可になっています。

買取を依頼する際は、売却予定のリサイクルショップの買取条件を確認した上で売却するようにしましょう。

テレビをネットオークション・フリマアプリで売却する

テレビはリサイクルショップだけでなく、「ヤフオク!」などのネットオークションや「メルカリ」などのフリマアプリでも売却可能です。

いずれの場合も、以下の作業を自分でおこなわなくてはいけないため手間はかかりますが、適切な価格や希望価格での売却が可能という大きなメリットがあります。

  • 出品
  • 購入希望者とのやり取り
  • 発送

こちらは、それぞれのサービスにおいて、代表的なメーカーの直近の売却価格をまとめた表です。

代表的メーカーのテレビの取引例

メーカー・製品名売却価格例
ヤフオクメルカリ
ソニー24,900円47,844円
パナソニック46,000円37,000円
シャープ23,000円27,300円
ハイセンス27,280円43,000円
Apple TV7,976円13,500円
Fire TV3,900円3,250円

テレビの売却価格は製造年や機能、画面の大きさ、モデルなどさまざまな条件によって異なるため、「このメーカーのテレビなら必ずこの値段で売れる」と言い切ることはできませんが、売却時の参考にはなるはずです。

また、Apple TVやFire TVなどの映像出力機器も人気を集めており、メルカリなどのフリマアプリで売却しやすくなっています。

不用品回収業者にテレビの処分を依頼する

なるべく手間をかけずにテレビを処分したい場合におすすめなのが「不用品回収業者」です。

テレビなどのリサイクル家電の回収もおこなっている不用品回収業者に対応を依頼し、処分費用を支払って引き取ってもらいます。

不用品回収業者に依頼する場合は処分費用が発生しますが、リサイクル料金込みの料金で回収してくれる業者や、即日での回収、早朝深夜の回収など自分の都合に合わせて依頼できるのでとにかく便利です。

また、搬出から運搬まで一貫してお願いできるので、50インチなど大型で重いテレビを処分する場合でも安心です。

引っ越しなどのタイミングで不用品が大量に出てしまった場合でも、不用品回収業者であればまとめて引き取ってもらえるというメリットもあります。

テレビを分解・解体しゴミとして廃棄処分する

液晶テレビの場合は解体して細かくすることで、不燃ゴミなどの一般ゴミとして無料で処分することも可能です。

液晶テレビを分解・解体してゴミとして廃棄処分する際の大まかな流れは以下のとおりです。

  1. コンセントを抜く
  2. 背面のカバーを外す
  3. 中の部品をドライバーやペンチで取り外して分解する
  4. 各自治体指定のゴミ袋に入れ、不燃ゴミとして処分する

液晶テレビの解体処分は法律上問題のある行為ではありませんが、念のためお住まいの地域の自治体に確認した上で作業をおこなうようにしましょう。

※昭和28~49年に製造された一部のブラウン管テレビは、「PCB」と呼ばれる化学物質を含んでいる可能性があるため、解体はおこなえません。家電リサイクル法に沿った方法での処分が必要になります。

テレビの解体処分は法律に触れるような行為ではありませんが、あまりおすすめできる処分方法ではありません。

テレビはコンセントを抜いてもしばらく帯電しているだけでなく、分解している最中にケガをしてしまう可能性もあります。

分解・解体には手間がかかり、解体した後もそれぞれの部品を分別しなくてはいけません。

まとめ

不要になったテレビの処分方法について紹介してきました。

テレビを処分する際は、まず使える状態かどうかを確認し、使える状態であれば売却処分を検討しましょう。

売却できない状態のテレビや売却するのが面倒な場合は、買い替えの有無によって次の方法がおすすめです。

  • 買い替える予定あり販売店に引き取ってもらう
  • 買い替える予定なし自治体指定の引取所に持ち込んで処分する

また、テレビが重くて一人で部屋から搬出するのが難しい場合や、テレビ以外にも処分する不用品がある場合は、不用品回収業者への依頼も検討してみてください。

不用品回収業者をお探しの場合は、ぜひ「不用品回収モール」をご利用ください!

不用品回収モールには、当サイトのコンセプト(ぼったくりなどの被害を防ぎたい)に賛同いただいている企業様を掲載しております。

ぜひ当サイトに掲載されている企業/回収業者様を一度ご検討いただき、もし何かご不満などがございましたら、当サイトへ口コミをお寄せください。

不用品回収業者ピックアップ

エコホワイト

古物商許可番号:第49133A000070号

エコホワイト

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

エコホワイトでは、不用品回収や粗大ごみの片付けを、定額パックプランで即日対応しております!基本料金、出張費、お見積りなどの費用はすべて含まれており、追加の費用は一切ありません。お客様の状況に合わせて最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお電話いただければ幸いです!

エコクリーンラボ

古物商許可番号:第49133A000070号

エコクリーンラボ

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.神奈川県大和市.

紹介文

エコクリーンラボでは、他社では別途料金になってしまう、搬出作業費、スタッフ追加料金、車両費、出張費、梱包作業費、清掃作業費用が全てコミコミになっています!お見積もり後の追加料金も一切ございません。ご状況にあった最適なプランをご提案させていただきます!

ラクエコ

古物商許可番号:第49133A000070号

ラクエコ

対応エリア

静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

不用品回収、粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷片付け、遺品整理など、幅広いサービスを業界最安値(4,800円~)で提供しております。定額乗せ放題プランで、即日対応も可能です。出張費、基本料金、お見積もり0円

おすすめ記事