不用品回収業者のぼったくり問題:被害者にならない為の知識と回避法

ひらめいた中年女性

「不用品回収業者のぼったくり手口について知りたい」
「不用品回収業者にぼったくられたかも。返金してもらうにはどうしたらいい?」

不用品回収回収業者の中には、ぼったくりを行う悪質な業者も存在しています。

これから不用品回収業者を利用する、または利用して高額な料金を支払ってしまった人はぜひ本記事を参考にしてください。

この記事でわかること

  • 不用品回収業者のぼったくりを回避する方法
  • ぼったくられた場合の対処法

目次

不用品回収業者のぼったくり被害に遭う人が多いのはなぜ?

クエスチョンマーク

不用品回収業者にぼったくられる人が多い理由は、利用する機会が少なく処分料金の相場を把握するのが難しいからです。

中でも、高齢者は自分で大きな不用品を処分するのが難しく、不用品回収業者を頼らざるを得ない人が多いため、ぼったくり被害に遭ってしまうことも少なくありません。

ぼったくりに関する事件は度々ニュースになっている

不用品回収業者のぼったくりに関する事件は度々ニュースになっています。

最近ですと、以下のような事件がありました。

・「10万程度で不用品を回収する」と業者から口頭契約されたが、当日回収した後に40万円を請求された
・ネットで調べたところ2万円程度になると思ったが、実際はクレジットカードの手数料込みで55,000円になった
・公式サイトには8,900円程度と書かれていたが、実際には33,000円請求された

このように、ぼったくり被害は実際に起きています。

他人事だとは思わず、不用品回収業者に依頼するときは慎重に選びましょう。

不用品回収業者のぼったくり手口と事例

落ち込む年配男性

ここでは、不用品回収業者のぼったくり手口と事例を紹介します。

作業当日に見積書には記載されていないオプション料金を追加された

優良な業者の場合、後からオプション料金を追加されることはありません。

しかし、悪質な業者の場合、見積書には基本料金しか記載しておらず、作業当日に高額なオプション料金を追加してくることがあります。

無料回収と言っていたのに、作業後に高額な料金を請求された

最初は無料で回収すると言っていたのに、作業後に高額な料金を請求してくるのも、悪質な不用品回収業者の手口の1つです。

そういった業者は「回収そのものは無料でも、リサイクル料金や出張費は有料」と言って高額な料金を請求してくることが多いです。

見積もりを断ったら、キャンセル料金を請求された

優良な不用品回収業者の場合、たとえ見積もり段階で依頼をキャンセルしたとしても、正式な依頼をしていないためキャンセル料金は発生しません。

しかし、中には、見積もり後に依頼しないと分かると、高額なキャンセル料金を請求してくるぼったくり業者もいます。

「実際に積み込んでみないと料金は分からない」と言う

何回も回収を行っていて実績のある業者の場合、不用品の量や種類で大体の回収料金が分かります。

しかし、悪質な不用品回収業者は後から高額な料金を請求するために、作業前に最終的な値段を言わずに金額をあやふやにすることが多いです。

トラックの大きさの説明をしない

不用品を積み込むトラックには、ショートボディやロングボディ、平ボディなど様々な種類があり、積める量が異なります。

ぼったくり業者はそういったトラックの違いを説明せず、不用品をできるだけ積んで追加料金を請求してくることがあります。

引越しまでの期日がなくて急いで頼んだら、高額な料金を請求された

悪質な不用品回収業者は処分が困っているお客様の状況につけこみ、高額な料金を請求してくる場合があります。

依頼した側は期日が迫っていて他の業者に依頼できず、泣く泣く高いお金を支払ってしまうケースが多いです。

不用品回収業者のぼったくりを事前に回避するには?

不用品回収業者のぼったくりを回避するには?

ここでは、不用品回収業者のぼったくりを事前に回避する方法を解説します。

不用品回収業者に騙されたくない人は、ぜひ確認しておきましょう。

不用品回収の料金相場を把握しておく

1つ目のぼったくりを回避する方法は、不用品回収の料金相場を把握しておくことです。

不用品の回収料金は業者によって異なります。しかし、優良な不用品回収業者の料金相場はある一定の範囲に収まっています。

「料金相場って具体的にどのくらいなの?」と疑問に思う人もいるでしょう。そこで、東京の不用品回収業者の料金を調べてみました。

以下の表は1K程度の部屋の片付けにかかる処分料金です。

不用品回収業者処分料金(税込)
くまのて23,000円~
粗大ゴミ回収本舗14,800円~
粗大ゴミ回収隊14,800円~
粗大ゴミ回収サービス14,800円~
ワンナップLIFE16,280円~
エコピット19,800円~
GO!GO!!クリーン27,500円~
ゴミ屋東京本店19,800円~
KADODE20,000円~
不用品回収アース東京16,500円~
※処分料金は2023年5月5日時点の情報です。

上の表を見ると、1K程度の部屋に収まる不用品の量であれば、およそ15,000円〜30,000円になることがわかりますね。

もし不用品の量がそこまで多くないのに50,000円〜100,000程度請求されるなら、ぼったくりの可能性があると考えて良いでしょう。

不用品回収業者に依頼する際は、ぜひ上記の処分料金を目安にしてください。

不用品業者について依頼前にリサーチしておく

2つ目のぼったくりを回避する方法は、業者について事前にリサーチをしておくことです。

まず初めは、依頼する不用品回収業者の口コミをインターネットで調べてみてください。もし悪い口コミが多かった場合は、依頼しない方が良いでしょう。

口コミはGoogleマップで確認するのがオススメです。また、業者のホームページがある場合は、必要な許可を持っているかどうかを確認しておきましょう。

不用品回収業をするためには、古物商許可や一般廃棄物収集運搬業許可が必要です。

古物商許可回収した不用品を売ったり、リサイクル品を買い取ったりするために必要
一般廃棄物収集運搬業許可家庭から不用品を回収するために必要
産業廃棄物収集運搬業許可特定の産業廃棄物の収集や運搬を行う事業者に必要

優良な不用品回収業者の場合、それらの許可番号がホームページに記載されています。

口だけなら何とでも言えるので、きちんとホームページを確認することが大切です。ただし、一般廃棄物収集運搬業許可は取得が難しいので、基本的には「古物商許可を持っているかどうか」を確認しましょう。

無料で処分できる物は無いと認識を持っておく

3つ目のぼったくりを回避する方法は、無料で処分できる不用品はないと認識しておくことです。

不用品回収業者の中には、「無料で回収できる」と言って人を集める悪質な業者が存在します。しかし、不用品を再利用するためにはお金がかかるので、無料で回収することはできません。

そういった業者は最初は無料と言っておきながら、後から高額な料金を請求してくるぼったくり業者か、違法なことをしている悪質な業者の可能性が高いので、絶対に頼まないようにしましょう。

特に、無料回収のチラシをポストに投函してくる不用品回収業者には要注意です。

見積書に「追加料金は一切発生しない」と明記してもらう

4つ目のぼったくりを回避する方法は、見積書に「追加料金は一切発生しない」と明記してもらうことです。

最初は処分金額が安くても、後から色々な追加料金を付け足して高額な料金を請求するのも、悪質な不用品回収業者の手口の1つです。

ぼったくられたくない人は、「追加料金は一切発生しない」と明記してもらいましょう。優良な不用品回収業者の場合は、お客様の安心のために面倒くさがらずに明記してくれます。

複数の不用品回収業者から見積もりをもらう

5つ目のぼったくりを回避する方法は、複数の不用品回収業者から見積もりをもらうことです。

1社だけの見積もりだけでは、不当に高額な料金を請求されていたとしても気付かないことが多いです。しかし、複数社に見積もりを依頼することで、おおよその適正価格を知ることができます。

最低でも5社に見積もりをもらい、その中からサービスや料金が自分に合っていると思う業者に依頼すると良いでしょう。

面倒に感じるかもしれませんが、相見積もりはぼったくりを防ぐだけでなく、処分料金を安くすることにもつながるので、余裕があれば必ず行ってください。

自治体の許可を得た不用品回収業者を利用する

6つ目のぼったくりを回避する方法は、自治体の許可を得た不用品回収業者を利用することです。

自治体が紹介している業者は優良な不用品回収業者なので、ぼったくりを気にせず安心して依頼できます。

「自分で業者を探して頼むのは不安」という人は、自治体のホームページに載っている業者を利用しましょう。

また、不用品の量が少ない場合は、不用品回収業者ではなく、自治体に粗大ゴミとして回収してもらう処分方法がオススメです。

粗大ゴミは数百円から数千円で処分できるので、不用品回収業者に依頼するよりもお得に処分できます。

詳しい処分料金や回収方法は自治体ごとに異なるので、実際に捨てる際は自分の住んでいる自治体のホームページを確認しましょう。

法律に詳しい人にその場で連絡をして確認する

7つ目のぼったくりを回避する方法は、法律に詳しい人にその場で連絡をして確認することです。

具体的には、消費生活センターや法テラス、弁護士などに相談しましょう。

悪質な不用品回収業者の場合は、相談すると言った時点でぼったくりをするのを諦めて帰ってくれるかもしれません。

ただし、目の前に不用品回収業者がいる状況では連絡をするのが難しいと感じる人もいるでしょう。

そういった人は「他の業者にも見積もりをもらうつもりだから、この場では決められない」と言って、とりあえず見積もりだけもらって追い返すと良いでしょう。

家族などの第三者に相談する

8つ目のぼったくりを回避する方法は、依頼する前に家族などの第三者に相談することです。

特に、一人暮らしの老人や軽度の障がいがある方などは、悪質な不用品回収業者のターゲットになりやすいので注意してください。

少しでも怪しいと思ったら自分だけでは判断せず、家族や友人に「こういう業者を使おうと思っていて処分料金は〇〇くらいなんだけど、依頼して大丈夫かな?」という風に相談してみましょう。

不用品回収業者にぼったくられたら返金してもらえる?

ぼったくられたお金は返金してもらえる?

基本的に返金は難しいです。なぜなら、悪質な不用品回収業者は法律に引っかからないように、証拠を残さずに動いていることが多いからです。

つまり、一度払ってしまったお金は返ってこない可能性が高いということになります。

そのため、返金を期待するのではなく、元から悪質な不用品回収業者を選ばないようにすることが最も大切です。

先述した通り、複数の業者から見積もりをもらい、比較検討して自分が一番良いと思う不用品回収業者を選びましょう。

しかし、場合によっては返金されるケースがあります。そこでここでは、不用品のぼったくり被害に遭ったときに相談できる機関を紹介します。

どの機関に相談するにせよ、書面や記録など、相手がぼったくりをしたという証拠を残すことが大事です。怪しいと思ったらスマホで録音したり、文書に残してもらったりするなど、できるだけ証拠を残しておきましょう。

クーリング・オフ制度が適用されるかどうかを確かめる

ぼったくられたと感じたときは、まずクーリング・オフ制度が適用されるかどうかを確かめましょう。

クーリング・オフとは、何らかの契約をした場合でも、一定の期間内であれば無条件で契約の申し込みを撤回・解除できる制度です。

クーリング・オフができる期間と取引の例は以下の通りです。

クーリング・オフができる期間クーリング・オフができる取引
8日間・訪問販売
└キャッチセールス、アポイントセールスなど
・電話勧誘販売◇特定継続的役務提供
└エステティック、美容医療、語学教室など
・訪問購入
└業者が消費者の自宅を訪ねて、商品を買い取ること
20日間・連鎖販売取引
・業務提供誘引販売取引
└内職商法、モニター商法など
参考:独立行政法人国民生活センター「クーリング・オフ」

ぼったくられたときは、まずはクーリング・オフができるかどうかを調べてみてください。

消費生活センターに助言を求める

業者とのやり取りに不安を感じた場合や高額料金をすでに払ってしまった場合は、消費生活センターに相談するのがオススメです。

消費生活センターは、商品やサービスを購入したときに起きた問題について、消費者が相談できる公的な機関です。

トラブルを解決するための助言をもらったり、業者との間に入って対応してもらったりすることができます。

相談のタイミングは、怪しいと思った段階でも、実際に被害に遭ったあとでも大丈夫です。

法テラス(日本司法支援センター)に相談する

「お金がなくて弁護士に相談するのが難しい」という人は、法テラス(日本司法支援センター)に相談するのがオススメです。

法テラスは、法律に関する相談や法的手続きに必要な支援を行っている公的な機関です。

具体的には、以下のサービスを提供しています。

・法律相談や法律手続きの支援
・弁護士や司法書士などの専門家の紹介
・民事扶助制度(法律扶助)

上記のサービスにより、法律に詳しくない一般の人でも、適切な法的手続きを行えるようになります。

「ぼったくり被害に遭ったかもしれないけど、いきなり弁護士や警察に相談するのはハードルが高い」と思っている人にオススメです。

弁護士に相談する

法律のプロに依頼したい人は、弁護士に相談するのがオススメです。

弁護士は依頼者の代理人として、ぼったくり業者との交渉や捜査機関とのやりとりを代行・サポートしてくれます。

「弁護士に相談するのは敷居が高い」と感じている人も多いかもしれません。中には、相談無料の弁護士もいるので、迷ったらとりあえず相談してみるのもアリです。

また、弁護士によっては成果報酬制を採用している場合もあるので、そういった弁護士に依頼すれば払ったお金が無駄になることはありません。

警察に相談する

料金の支払いの際に、暴行や恐喝をされた場合は警察に相談するのがオススメです。

警察は民事不介入なので、悪徳業者によるぼったくりの場合は対応が難しいです。

しかし、不用品回収業者から暴行や恐喝をされた場合は話は別です。こちらは刑事事件になる場合はあるので、警察をその場に呼んで対応してもらいましょう。

優良業者のみが集まる「不用品回収モール」がおすすめ

この記事では、不用品のぼったくりを回避する方法と不用品回収業者にぼったくられた場合の対処法を紹介しました。

本記事の内容をまとめると、以下のようになります。

ぼったくりを事前に回避する方法

・不用品回収の料金相場を把握しておく
・不用品回収業者について依頼前にリサーチしておく
・無料で処分できる物は無いと思っておく
・見積書に「追加料金は一切発生しない」と明記してもらう
・複数の不用品回収業者から見積もりをもらう
・自治体の許可を得た不用品回収業者を利用する
・法律に詳しい人にその場で連絡をして確認する
・家族などの第三者に相談する

ぼったくられたときの対処法

・クーリングオフ制度が適用されるかどうかを確かめる
・消費生活センターに助言を求める
・法テラス(日本司法支援センター)に相談する
・弁護士に相談する
・警察に相談する

不用品回収業者に依頼する場合は、ぜひ上記のポイントを参考にしてぼったくられないようにしてください。

不用品回収業者を利用するつもりなら、不用品回収業者の比較サイト「不用品回収モール」を活用しましょう。不用品回収モールは優良な業者のみを厳選して載せているので、ぼったくられる心配はありません。

たくさんの不用品を一気に処分したい人は、ぜひ不用品回収モールを利用して自分が納得できる業者を見つけてくださいね。

不用品回収業者ピックアップ

エコホワイト

古物商許可番号:第49133A000070号

エコホワイト

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

エコホワイトでは、不用品回収や粗大ごみの片付けを、定額パックプランで即日対応しております!基本料金、出張費、お見積りなどの費用はすべて含まれており、追加の費用は一切ありません。お客様の状況に合わせて最適なプランをご提案いたしますので、お気軽にお電話いただければ幸いです!

エコクリーンラボ

古物商許可番号:第49133A000070号

エコクリーンラボ

対応エリア

神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県小田原市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.愛知県名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.神奈川県大和市.

紹介文

エコクリーンラボでは、他社では別途料金になってしまう、搬出作業費、スタッフ追加料金、車両費、出張費、梱包作業費、清掃作業費用が全てコミコミになっています!お見積もり後の追加料金も一切ございません。ご状況にあった最適なプランをご提案させていただきます!

ラクエコ

古物商許可番号:第49133A000070号

ラクエコ

対応エリア

静岡県浜松市.静岡県静岡市.静岡県富士市.静岡県沼津市.静岡県磐田市.静岡県藤枝市.静岡県焼津市.静岡県富士宮市.静岡県掛川市.静岡県三島市.東京都世田谷区.東京都練馬区.東京都大田区.東京都足立区.東京都江戸川区.東京都杉並区.東京都板橋区.東京都八王子市.東京都江東区.東京都葛飾区.神奈川県横浜市.神奈川県川崎市.神奈川県相模原市.神奈川県藤沢市.神奈川県横須賀市.神奈川県平塚市.神奈川県茅ヶ崎市.神奈川県厚木市.神奈川県大和市.神奈川県小田原市.愛知県北名古屋市.愛知県豊田市.愛知県岡崎市.愛知県一宮市.愛知県豊橋市.愛知県春日井市.愛知県安城市.愛知県豊川市.愛知県西尾市.愛知県刈谷市.

紹介文

不用品回収、粗大ゴミ回収、ゴミ屋敷片付け、遺品整理など、幅広いサービスを業界最安値(4,800円~)で提供しております。定額乗せ放題プランで、即日対応も可能です。出張費、基本料金、お見積もり0円

おすすめ記事

キャンペーン主催 : 株式会社レットビットAmazonはAmazon.com, Inc. またはその関係会社の商標です。

キャンペーン主催 : 株式会社レットビットAmazonはAmazon.com, Inc. またはその関係会社の商標です。